News

2002年5月8日(水)

任天堂とナムコが業務提携、共同でGC用『スターフォックス』を開発中!

 本日、ナムコと任天堂は、GC用ソフトの開発・販売に関して業務提携を行うと発表した。これによりナムコでは今後、GC向けに『ソウルキャリバー2』、RPG『テイルズシリーズ』、ACT『新ミスタードリラー』といった、ナムコにとって主力ともいえるタイトルを発売していく。タイトルと詳細は以下の通り。

『スターフォックス』のイメージ画像。左上に任天堂、右上にナムコのロゴが入っている。

新タイトルとなる『テイルズ』シリーズ最新作の画像も公開された。

戦闘シーンのリザルト表示には、HIT数やタイムが表示されている。システム的な変化はあるのだろうか。

GC『新ミスタードリラー』は、4人対戦にも対応。テーマパークが舞台になっており、さまざまなアトラクションが用意されている。

『エースコンバット04』でプロジェクトマネージャーを務めた塩澤氏。『スターフォックス』は、アクション映画的な演出・カッコよさを出していきたいとのこと。

『スターフォックス』シリーズ生みの親の宮本茂氏。「今回の提携が、ゲームを好きな人に喜んでもらえるようなものにしたい」と、今後の展開を期待させるコメントを発表した。

4つ接続されたGCのコントローラを持つ、両社の取締役と塩澤氏、宮本氏。この提携によって、さらにゲーム業界が活性化していくことを期待したい。


データ

●ゲームキューブ
『新ミスタードリラー』  
■ジャンル:ACT  
■発売日:2002年11月
 地底を掘り進む人気A・PZGシリーズ。今作では、ドリラーの世界がテーマパークとなって登場する。4人対戦に対応しているほか、GBAで発売される『ミスタードリラーエース』との連動も予定されている。
『ソウルキャリバー2(仮)』  
■ジャンル:FTG  
■発売日:2003年1月
 武器を使用した3D格闘ゲームの最新作。6月にはアーケード版の稼動が開始する。家庭用移植にあたっては、オリジナルキャラクターの追加を行うとのこと。
『3Dレースゲーム(タイトル未定)』  
■ジャンル:RCG  
■発売日:2003年3月
 人気RCG『リッジレーサー』シリーズ最新作。今回は、シリーズ初となる実車が登場する予定。
『スターフォックス(仮称)』  
■ジャンル:STG  
■発売日:2003年4月
 任天堂を代表するタイトルの1つ『スターフォックス』の開発を、ナムコと任天堂が共同で行う。『エースコンバット04』プロジェクトマネージャーの塩澤氏が、プロデュースを担当する。
『テイルズシリーズ』  
■ジャンル:RPG  
■発売日:2003年7月
 ナムコのRPGシリーズ『テイルズ』の最新作。これまでの作品は、ハイクオリティなアニメーションや、独特の戦闘システムなどで好評を博している。
『新RPG(タイトル未定)』  
■ジャンル:RPG  
■発売日:2003年12月
 CGオリジナルとなる新作RPG。ファンタジー世界を舞台にした大型タイトルで、『テイルズ』『ゼノサーガ』シリーズと並ぶ、ナムコの代表的なRPGに仕上げたいとのこと。

●ゲームボーイアドバンス
『ファミリーテニスアドバンス』  
■ジャンル:SPG  
■発売日:2002年6月
 手軽で誰でも気軽に楽しめるテニスゲーム。最大で4人が同時にプレイできる「エキシビジョン」モードなど、さまざまなプレイモードが用意されている。
『ファミスタアドバンス』  
■ジャンル:SPG  
■発売日:2002年6月
 おなじみの野球ゲーム『ファミスタ』のGBA版。オリジナル選手育成や、1カートリッジで対戦できる「ファミスタ盤」などの機能を搭載。
『ミスタードリラーエース』  
■ジャンル:ACT  
■発売日:2002年8月
 新要素として「発掘」と、生命体「パクテリア」の育成ができるようになっている。GCとの連携も予定されている。
『風のクロノアG2』  
■ジャンル:ACT  
■発売日:2002年8月
 人気ACTシリーズ第2弾。クロノアの新しい冒険が楽しめる。
『テイルズ オブ ザ ワールド なりきりダンジョンII』
■ジャンル:RPG  
■発売日:2002年10月
 『テイルズ』シリーズのもう一つの柱『なりきりダンジョン』第2弾。さまざまな職業に変身する「なりきりし」を育てながら、世界の謎に挑む。
『風のクロノア アクションRPG(タイトル未定)』  
■ジャンル:RPG  
■発売日:2002年11月
 ACT『クロノア』シリーズがついにRPGに。
『ことばのパズル もじぴったん(仮称)』  
■ジャンル:PZG  
■発売日:2002年12月
 文字をくっつけて、さまざまな単語を作っていくアーケードで人気のPZGの移植作。
『テイルズ オブ ファンタジア』  
■ジャンル:RPG  
■発売日:2002年12月
 『テイルズシリーズ』第1作目、『テイルズ オブ ファンタジア』をGBAに移植。スーパーファミコン版をもとに、追加シナリオやおまけモードを充実させたRPG。



 この提携について、ナムコの代表取締役社長 高木氏と、任天堂の代表取締役社長 山内氏は、「ゲームは日本の文化・財産ともいえるもので、今回の提携を業界の活性化につなげていきたい」と、共同でコメントを出した。

 また、上記のタイトルリストにあるGC版『スターフォックス』については、任天堂がキャラクターなどのデザイン、ナムコがシステム面を担当し、2社共同で開発が進められている。発表会にて『エースコンバット04』プロジェクトマネージャーの塩澤氏は、「『AC04』では、リアルな表現を追求したため、人間対戦闘機や、列車対戦闘機など、アクション映画的な演出をすることができなかった。『スターフォックス』では、そういったアクション映画的なカッコよさを取り入れて作っていきたい」と、このゲームの方向性を示した。

 GC用ソフト『スターフォックスアドベンチャー』との違いについては、「『スターフォックスアドベンチャー』は、どちらかといえばA・RPG、例えば『ゼルダ』などに近いものになる。一方、『スターフォックス』は3D・STGになっています」と、シリーズの生みの親ともいえる任天堂の宮本氏自ら、両タイトルの違いを説明してくれた。  このGC版『スターフォックス』は、次世代グラフィックボード「トライフォース」への展開も検討されており、筐体の種類などは未定ながらゲームセンターでプレイできる可能性もありそうだ。

 さらに、タイトルなどの詳細は明かされなかったものの、『スターフォックス』以降もこの2社による共同開発を行っていくという話も明かされた。  そのほかソフト販売については、10月以降ナムコが開発したタイトルを、任天堂が販売していくことが発表された。これは、任天堂の強力な販売力を生かす狙いがあるが、任天堂取締役の波多野氏は、「ナムコのソフトはクオリティが高く、提携は任天堂にとっても有意義なものになる」と説明している。

 任天堂ハードのユーザーにとっては非常にうれしい今回の提携。両社では、ソフト開発のノウハウの交換や交流を行っていくとのことなので、今後の新規タイトルの発表にも期待したいところだ。

■関連サイト
任天堂ニュースリリース
任天堂
ナムコニュースリリース
ナムコ


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。