News

2002年6月28日(金)

トレジャーのアーケード用STG『斑鳩』が、DCにて9月5日発売決定!

 トレジャーのアーケード用縦スクロールSTG『斑鳩』が、DCに移植されることが決定した。発売日は9月5日予定で、価格は6,800円。
 
 この『斑鳩』は、自機に「白属性」と「黒属性」の2つの属性があり、シチュエーションにあわせて属性を切り替えながら進んでいくシステムが特徴のSTG。
 
 今回の移植にあたっては、一般家庭のテレビが横長なのに対応するため、画面モードを横画面1(縮小率75%)、横画面2(縮小率90%)、縦画面1(通常操作)、縦画面2(十字キーの操作が90度回転した、横スクロールモード)の4つを用意。また、オリジナルモードとして、プレイ開始直後から使用できる「ステージセレクト」、ノーコンティニュークリア後に出現する「プロトタイプ」、ゲームクリア後に出現する「サウンドテスト」、プレイ時間に応じてクレジット数が増加する、などの追加要素が予定されている。
 
 ちなみにこの中の「プロトタイプ」とは、『斑鳩』の企画当初のバージョンを復元、アレンジしたもの。自機に残弾数が設定されており、敵弾を吸収したりチェーンコンボを発生されることで残弾の補給がされるシステムとなっている。
 
 やり込みがいがあることで、アーケードでも好評を博した本作。ファンの間では移植を望む声も多かっただけに、今回の決定は嬉しい限りだろう。

敵と敵弾にも黒と白の2色の属性があり、自機と同属性の弾は吸収することができる。

(C)TREASURE/ESP 2001,2002

データ

▼『斑鳩』
■メーカー:トレジャー
■対応機種:DC
■ジャンル:STG
■発売日:9月5日予定
■価格:6,800円(税別)

■関連サイト
『斑鳩』公式サイト
トレジャー


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。