News

2003年9月11日(木)

【AMショー】『GG』にカプコンキャラが乱入!『SammyvsCAPCOM(仮称)』発表

 サミーは本日9月11日、東京ビッグサイトで開催された「第41回アミューズメントマシンショー」で、アーケード用最新格闘ゲーム 『Sammy vs CAPCOM(仮称)』を発表した。

 同ゲームを発表したサミーブースのイベントステージには、開発を担当するアークシステムワークスの石渡太輔氏、カプコンの船水紀孝氏が登壇。具体的なシステムなどはこれから企画検討していくとのことだったが、各々「個人的には『ギルティギア』のグラフィックで動く“ヴァンパイア”が見たいですね。」(船水氏)、「両社の格闘ゲームはシステムが全く異なるので、双方のゲームの長所をうまく生かしたい」(石渡氏)とコメントした。

 サミーはこの新作発表ステージで、 『Sammy vs CAPCOM(仮称)』の他にも『ギルティギア』シリーズ最新作『ギルティギア イスカ』や「ATOMISWAVE」筐体の新システム「AW-NET(エーダブリューネット)」を発表。それぞれの発表に関しては、後ほど詳しくレポートしていく。

「AMショー」で衝撃発表された『Sammy vs CAPCOM(仮称)』。システムなどの具体的な内容は、まだ決まっていない。

『Sammy vs CAPCOM』についてコメントする石渡氏と船水氏。『ギルティギア』シリーズのファン、そしてカプコンの格闘ゲームファンは注目しておきたいタイトルだ。


■関連サイト
サミー
カプコン
JAMMA


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。