News

2003年9月26日(金)

【TGS】スクエニ第1開発事業部新規タイトル発表会、詳細レポート!

 すでにお伝えした『キングダムハーツ』続編と『FFVII』CG作品について、発表会で語られたことの詳細をまとめてみよう。

 まず第1部では、壇上の両サイドに等身大のソラのフィギュアが展示されていた。向かって左がPS2『キングダムハーツ』のときと同じ衣装を着たもので、右がPS2『キングダムハーツII』の黒っぽい衣装を着たものだった。まずはGBA『キングダムハーツ チェインオブメモリーズ』とPS2『キングダムハーツII』の話から。
 ブエナ・ビスタ・ジャパンのグラハム氏は、「野村哲也氏がユニークなビジョンを実現し、それがディズニーと融合を果たし、世界中でファンを作った」と、国内で130万本、北米&欧州で200万本もの販売本数を記録した要因について述べた。この2つの続編については、「ブエナ・ビスタから野村氏に続編の話を持ちかけたところ、非常にたくさんのアイデアがあることに驚いた。そのためPS2とGBAとに分けて展開することになった」ということを語ってくれた。
 また、その後に公開されたムービー(残念ながら公開不可。後日画面写真が公開予定)に影のようなキャラクターが登場することについて野村氏は、「あのキャラは前作のシークレットムービーにちょっとだけ出てきました。続編の内容に深く関わっているので、詳しいことは言えません」と意味深な発言。さらに「前作は『FF』シリーズのキャラが多数登場したが、今回も出るのか?」という質問にはひと言、「出ます!」と断言した。GBA版については北瀬氏から、「GBAというハードではあるが、あっと驚く仕掛を用意していますので期待していてください!」と心強く語っていた。最後に、前作で好評だった宇多田ヒカルの楽曲提供については、「現状ではお答えできません」ということだった。

 次に、CG作品「ファイナルファンタジーVII アドベント チルドレン」が発表された第2部についてお伝えしよう。まずストーリーの概要は、「前作の激闘から2年── 世界は平和になったかの様に思われたが、“星痕症候群”と言う病が蔓延し、人々は新たな脅威に苦しんでいた。そして、かつて世界の為に戦ったクラウドは、他人を拒絶し、孤独に暮らしていた……。(プレス資料より)」という重苦しいものだった。撮影不可のムービーでは、セフィロスと戦うクラウドや疾走するバイクなどが、さすがと言うべきグラフィックで描かれていた。
 なぜCG作品なのか? なぜ『FFVII』なのか? やはり最初に起こる疑問はそこだろう。北瀬氏によると、「今から1年半ぐらい前にスタッフと雑談をしているときに“いつか映像で勝負したい!”ということを聞かされました。それで最初は過去の作品の映像を使ったりする予定でしたが、“どうせやるならすべて作り上げよう!”ということになりました。そこで、初めて本格的に3Dに挑んだ『FF』ということで『FFVII』を題材に使ってみようということで制作がスタートしました」とのこと。またCG作品でもいけるという根拠としては、「当時の『FFVII』スタッフを集めて、“これならいける!”という足下を固めた状態でのスタートです。確信を持って世界に向けて発表できると思います」と語った。世界に向けて、ということを受けて橋本氏は、「全世界に向けて発売するにはどうしたらいいか? いろんな企業とのコラボレートを考えながらやっていきたいと思います」と付け加えた。
 また、映画「FINAL FANTASY」の損失については和田社長が、「この作品の制作コストは、映画と比べるとかなり低いものとなっています。すべて内製でやっていますがクオリティは映画のとき以上です。また、いかに多用なメディア展開ができるかを模索中です」と語った。
 キャラクターのモデリングについて野村氏は、「かなりリアル頭身に見えますが、『FFX』のモデリングよりもデフォルメされていて、『FFVII』の雰囲気を残すようにしています。それでもリアルに見えるのは、質感とか空気とかの表現のためです」と述べた。現在はスタッフがやりたいことが多いので、その舵取りに苦労しているとのこと。
 最後に和田社長から、「作品内でクラウドが次世代FOMAを使っているシーンがあります。それについても連動するつもりです」ということが告げられた。オンライン戦略発表会では語られなかった内容なので、今後はこちらについてもチェックしておいた方がいいだろう。

 ゲームの続編、そしてまったく新しいCG作品へのチャレンジ。スクウェア・エニックスのこれからの動きに注目していきたいところだ。

外国人プレスも多数注目することとなった第1開発事業部の新規タイトル発表会。会場では同時通訳も行われた。

ブエナ・ビスタのグラハム氏は、ディズニー作品の歴史などについても熱く語った。



2種類の衣装のソラが壇上の両脇を固める。発表会にこれだけの造形物を設置するのも珍しい。

こちらはGBA『キングダムハーツ チェインオブメモリーズ』のイメージ画。

PS2『キングダムハーツII』のイメージ画。ソラたちのうしろに影のようなキャラが見える。

今回公開できるのはこれのみという、「ファイナルファンタジーVII アドベント チルドレン」のイメージボード。

北瀬氏の口からは再三「挑戦」という言葉が発せられた。

橋本氏は、これら作品の展開について淡々と語っていた。


データ

▼『キングダムハーツII』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS2
■ジャンル:RPG
■発売日:2004年
■価格:未定

▼『キングダムハーツ チェインオブメモリーズ』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:GBA
■ジャンル:RPG
■発売日:2004年
■価格:未定

▼「ファイナルファンタジーVII アドベント チルドレン」
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応メディア:DVD-VIDEO
■発売日:2004年夏
■価格:未定

■関連サイト
スクウェア・エニックス


注目記事

電撃オンラインch

電撃オンラインch(YouTube)

週間アクセスランキング

[集計期間2014年 04月09日~04月15日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。