News

2004年10月22日(金)

【エンタマ】キワモノからキレイどころまで!かぶりものやコスプレイヤーも花盛り

 かぶりものやコスプレイヤー、コンパニオンといったビジュアル方面でのアプローチに力を入れているブースも数多く見られた。

 エンターブレインのブースでは、単行本も好調なセールスを記録している「砂ぼうず」と「エマ」を強力にプッシュ。第1話をまるごと収録した小冊子(「砂ぼうず」と「エマ」で1種類ずつ)が無料で配布されているほか、単行本を購入すると複製原画がもらえるキャンペーンも実施中。セットも凝っているので、一度訪れてみることをオススメする。
エンターブレインのブースで、熱心に小冊子を配布していた「砂ぼうず」。顔全面をヘルメット(?)で覆われているのに、周囲の様子はしっかりと見えているようだった。


「エマ」のプロモーションということで、メイドさん2人も対応にあたる。エンターブレインブースで「エマ」の単行本を購入すると、先着で複製原画がプレゼントされるぞ。 セットが凝っていたので、座っていただきました。メイドさんの座り姿は極めてサマになる。「エマ」の舞台、英国の気分を満喫できる……かもしれない。


 「ふたりはプリキュア」や「ワンピース」といった人気アニメ作品の等身大(?)フィギュアがズラリと展示されている東映ブース。来春のDVD化が決定した、日本版「スパイダーマン」の映像も上映中だ。入場者数が少なめなビジネスデーにも関わらず、かなりの人数が足を止めて見入っていた。
東映ブースでは、「ふたりはプリキュア」などの大型フィギュアを展示。


同じく東映ブース。日本版「スパイダーマン」のファンは、レオパルドンの勇姿に注目だ。


 松竹のブースでは、「CASSHERN」(10月23日にDVD発売)と、「GANTZ」(DVD1~2巻発売中、3~4巻10月23日発売)を中心にディスプレイ。「CASSHERN」のコスチューム等を展示しているほか、「GANTZ」のプロモーション映像もチェックできた。
「CASSHERN」や「GANTZ」をチェックできる松竹ブース。コンパニオンさんのピッチピチな衣装が目を引く。


 場内をちょこちょこと歩き回っていた、ひよこのような着ぐるみがたどり着いたのは……「ひよざえもん」の読広コムズブース。「ひよざえもん」のぬいぐるみや携帯ストラップのほか、絵本「まめうし」シリーズなどを展示していた。身長の低い「ひよざえもん」が動くと、破壊的なキュートっぷりを発揮する。ぜひ目に焼き付けておきたい。
場内に愛くるしさを振りまく「ひよざえもん」。一緒に歩いていたお姉さんから「ひよざえもん、次は右だよ」といった指示が出るたびに、手を振って応えていた。



データ

■「東京国際エンターテインメントマーケット2004 ~コミック・アニメ・ゲーム&フィルムフェア~」
【開催期間】2004年10月22日~24日 ※10月22日はビジネスデイ
【開催場所】日本コンベンションセンター(幕張メッセ) 3~6ホール
【入場料】前売券 大人800円、中高生400円(税込)/当日券 大人1,000円、中高生500円(税込) ※小学生以下は無料

■関連サイト
エンターブレイン
東映
松竹
読広コムズ
「東京国際エンターテインメントマーケット2004 ~コミック・アニメ・ゲーム&フィルムフェア~」


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。