News

2004年10月27日(水)

SCEがiモードの課金サービスをPS2、PSPに採用。導入は2005年春から

 SCEは、NTTドコモが2005年春より提供を予定しているiモードの料金回収代行サービス「プラットフォーム課金(仮称)」を、PS2およびPSPに採用することを明らかにした。

 この課金サービスは、携帯電話を利用して課金の決済を行えるというもの。現在PS2用オンラインゲームの決済手段としては、クレジットカードやウェブマネーなどの方法が用意されているが、「プラットフォーム課金」を利用することによりユーザーはより手軽に料金の支払いを行うことができる。
 「プラットフォーム課金」の支払いは、通常の携帯電話料金とあわせて利用者に請求。このため少額課金にも適しており、定額課金以外にもキャラクターや追加ダウンロードデータの販売など、さまざまな決済に利用することができる。SCEはこの特徴を生かし、携帯ゲーム機ならではの新しいゲームコンテンツやサービスの提供を促進していくとのことだ。


■関連サイト
SCEJソフト情報ページ
SCE


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。