News

2004年11月19日(金)

オンラインゲーム事業好調で全体的に増益。スクウェア・エニックス中間決算説明会

 本日11月19日、スクウェア・エニックスは都内ホテルにおいて2005年3月期の中間決算説明会を行った。説明会には、代表取締役社長の和田洋一氏、取締役執行役員の松田洋祐氏が出席した。

 発表によると、同社の2005年3月期中間連結業績は、売上高が243億9,500万円(前年同期比23.6%増)、営業利益が59億5,200万円(同155.3%増)、経常利益が61億3,300万円(同222.8%増)といずれも増益。当期純利益は、31億3,300万円(同162.8%増)となっている。

 事業別の実績を見ると、ゲーム事業は前年同期と比べて国内での新規タイトル数が少なかったため、売上高は80億9,900万円(前年同期比13.4%減)を計上。しかしながら、GBA用ソフト『ファイナルファンタジー I・IIアドバンス』といった移植タイトルや、前期末に発売したPS2用ソフト『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』が引き続き販売数を伸ばし、営業利益は15億4,900万円(前年同期比7%増)となった。各地域のパッケージソフト販売本数は下記のとおり。

 オンラインゲーム事業の売上高は76億8,400万円(前年同期比101%増)、営業利益は32億5,200万円(前年同期比230.9%増)と大幅に増益。9月に『FFXI』の拡張ディスク第2弾『プロマシアの呪縛』を日米で発売するとともに、欧州でもサービスを開始し、ユーザー数は全世界で55万人と順調に増えている。『FFXI』は、「全世界同一サーバー」の手段をとり、日本国内でサーバーを一括管理。プレイヤーのアクセスピークが時差によって異なることから、地域拡大により運用効率を向上させている。オンラインゲーム事業について、和田氏は「当期の業績を事業別に見ると、オンラインゲーム事業の営業利益率が最も大きい数字となる。パッケージソフトの大型タイトルの販売が下期に集中していることもあるが、きっちり会社を支える事業に成長している」とコメント。2005年内には『EverQuest II』、『Front Mission Online』、『Fantasy Earth』といった新たなタイトルの投入を予定しており、「将来的には市場の約10%を押さえることを目標にしている(和田氏)」と、引き続きオンラインゲーム事業に注力していく姿勢であることを明らかにした。

 また、モバイル・コンテンツ事業、出版事業も好調。出版事業では、前年度下期より急成長した人気コミック「鋼の錬金術師」が、TVアニメの放映が終わったにも関わらず、勢いが衰えていないとのこと。「鋼の錬金術師」は、北米でもTVアニメの放映が開始され、今後もさらなる躍進が期待できそうだ。

 2005年3月期の連結業績は、売上高730億円、営業利益250億円、経常利益135億円、純利益135億円と予想。来週末には2004年度下期における大型タイトル『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』の発売が控えているが、「現段階の受注を見る限り、前作『ドラクエVII』よりも感触がいい(和田氏)」とのこと。さらに、『ドラクエ』シリーズについては、この『ドラクエVIII』を拠点にさまざまなメディア展開が予定しているとしており、和田氏は「海外での販売も強化していきたい」と語っていた。

■スクウェア・エニックス2005年3月期中間決算実績(ソフト販売本数)

タイトル名
発売月
対応機種
販売本数
『ドラゴンクエスト・キャラクターズ
トルネコの大冒険3アドバンス~不思議のダンジョン~』
2004年6月
GBA
14万本
『ファイナルファンタジー I・II アドバンス』 2004年7月
GBA
28万本
『ファイナルファンタジーXI プロマシアの呪縛』
(オールインワンパック含む)
2004年9月
PS2/PC
25万本
『鋼の錬金術師2 赤きエリクシルの悪魔』 2004年9月
PS2
16万本
『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』 2004年3月
PS2
34万本
その他
17万本
日本国内合計
134万本
『FRONT MISSION4』 2004年6月
PS2
14万本
『Star Ocean3』 2004年8月
PS2
31万本
『Final Fantasy XI Chains of Promahia』 2004年9月
PS2/PC
23万本
その他
80万本
北米合計
148万本
『Drackengard』 2004年5月
PS2
11万本
『Final Fantasy XI Chains of Promathia』 2004年9月
PC
6万本
『Star Ocean3』 20049月
PS2
9万本
その他
25万本
欧州(PAL)合計
51万本
『Final Fantasy X-2』 2004年4月
PS2
3万本
その他
1万本
アジア他合計 4万本
総合計
337万本


説明会では、和田氏が中間決算の詳細を説明。質疑応答では、来週発売となる『ドラクエVIII』についての質問が相次いだ。


■関連サイト
スクウェア・エニックス 2005年3月期中間決算短信(pdf形式)
スクウェア・エニックス


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。