News

2004年11月26日(金)

『ドラクエVIII』発売直前!今回はプレイヤーたちを悩ませるダンジョンを公開!

 発売日がいよいよ明日に迫ったPS2用ソフト『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』。これまで新システムや冒険の舞台となる広大なフィールドを公開してきたが、発売直前となる今回はさまざまな謎やお宝が眠るダンジョンについて紹介していこう。

■洞くつ
 フィールド同様に奥行きが感じられる洞くつ内部。主人公が立っている位置から対岸の宝箱なども確認できるようになっている。今回は地図が用意され、迷路のように入り組んだ洞くつ内も安心して探索可能だ。


■朽ち果てた塔
 外壁一面が群生植物で覆われ、なんとなく不気味な雰囲気をかもし出している謎の塔。塔の中は予想以上に広いうえに、壁に彫られている怪しげなしるしを調べると壁が回転する“隠し扉”も存在する。各階層を調べてまわるだけでもかなりの時間を費やしそうだ。


■謎の巨大神殿
 祭壇とおぼしきフロアを見守るようにして2体の像が立てられている謎の神殿。神殿の中には、「知恵とチカラを かねそなえし者のみが 真の栄光を 手にするであろう」という謎のメッセージが刻み込まれた石碑が設置されている。この言葉の意味は、冒険を続けていくと明らかとなるのだろうか。


■氷の迷宮
 いたるところが氷で覆われている迷宮。この迷宮内では、氷の上を走るとツルツル滑るようになっており、油断するとアーチから落下してしまうことも。主人公はこの迷宮の奥深くで、壁一面が怪しく光る洞穴を見つけることになるらしい。
 


■謎の化石が眠る洞くつ
 巨大な生物の骨が横たわる不思議な洞くつ。ダンジョン内はどうなっているのか、巨大な骨の正体は何なのか? といった謎はついに明日明らかに!


■新モンスター
●“メタッピー”
 体が機械でできているという鳥型モンスター“メタッピー”。重い体を身軽にするために、すばやさをアップさせる呪文を唱えているらしい。


●“ダースウルフェン”
 邪悪な力により、強大なパワーを身につけた“ダースウルフェン”。いつも群れで行動しているようで、遭遇すると戦闘で手こずることになりそうだ。


●“いばらドラゴン”
 “いばらドラゴン”は建物などにまとわりつく「イバラ」に邪悪な力が宿ったというモンスター。


●“じんめんガエル”
 背中に恐ろしい人の顔がある不気味なモンスター“じんめんガエル”。背中の人面を戦闘相手に向けた時に、本領が発揮される!?


●“ワンダーフール”
 頑丈そうな鎧を身に着けた“ワンダーフール”は、手に持った首輪を投げつけて、戦闘相手を拘束してしまうらしい。


●“ウィッチレディ”
 カラフルな魔法の杖を何本も持っている魔法使い系のモンスター。魅力的なボディで、なんと「ぱふぱふ攻撃」をしかけてくることも!



データ

(C)ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/LEVEL-5/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)KOICHI SUGIYAMA

▼『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS2
■ジャンル:RPG
■発売日:2004年11月27日
■価格:9,240円(税込)
※Amazonの販売価格:7,854円(税込)
※プレイステーション・ドットコム・ジャパンの販売価格:7,980円(税込)

■『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』の予約はこちら
Amazon
プレイステーション・ドットコム・ジャパン

■関連サイト
『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』公式サイト
スクウェア・エニックス


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。