News

2004年11月27日(土)

堀井雄二氏も満足の完成度!渋谷で『ドラクエVIII』カウントダウンイベント開催

 本日11月27日、渋谷駅ハチ公口前「SHIBUYA TSUTAYA」にて、PS2用ソフト『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』の発売記念カウントダウンイベントが開催された。イベント開始前、6:00過ぎに取材班が到着した時には、すでに徹夜で並んだファンによる行列ができあがっており、シリーズ最新作への期待の高さをうかがわせた。

 開始時間の6:45になると、集まったファンの大きな拍手に出迎えられて、スクウェア・エニックス代表取締役社長の和田洋一氏と、『ドラクエ』シリーズの生みの親である堀井雄二氏が店内のステージに登場。堀井氏は、「私にとっても今日の発売日は楽しみだったんです。自分でも『ドラクエVIII』のデキには満足しているので、みなさんに早く遊んでもらいたいです」とあいさつ。さらに、『ドラクエVIII』の見どころについて質問されると、「すべてのグラフィックを3Dで表現したので、本当に冒険しているような感じを出せたと思います。色々な要素を詰め込んだ贅沢なゲームに仕上がっているので、とことん遊んでください。あまり早解きはしないでくださいね(笑)」と語ってくれた。

 一方、早起きして会場に駆けつけたという和田氏は、「私は『ドラクエ』からゲームを始めたので、堀井さんは神様のような存在です。『ドラクエ』シリーズは、非常にわかりやすいゲームなので、初めてゲームをプレイする人にもぜひ遊んで欲しい」と、シリーズの魅力についてコメントした。

 発売開始1分前には、会場内のモニターに現在の時刻が表示された。朝早くから行列に並んだファン、イベント出演者は、声をそろえて10秒前からカウントダウンを始め、7:00から販売がスタート。「SHIBUYA TSUTAYA」で『ドラクエVIII』を1番に手に入れたのは、昨日の23:00から並んでいたという24歳の青年。彼は「早く帰ってプレイしたいです」と、待ちに待った『ドラクエVIII』を手にした感想を語った後、少し緊張した表情で和田氏、堀井氏と記念撮影を行った。

 イベント終了後に和田氏は、「『ドラクエVIII』がきっかけとなって、ゲーム市場全体が盛り上がっていくのでは」と力強くコメント。販売開始後にも会場の外まで続いていたファンの長い列が、和田氏の言葉を裏付けていた。すでにソフトを手に入れた人はもちろん、これから購入しようと考えている人も、『ドラクエVIII』の世界を思う存分体験しよう!

「SHIBUYA TSUTAYA」の前には、約300人の『ドラクエ』ファンが集結。イベント会場内には、早くから並んだ数十名のみ入ることができた。

和田氏は、発売日初日の目標販売本数について聞かれると「ん~、いっぱい(笑)。記録にはなると思います」と語った。広告展開は、「いかに生活の中で目にしてもらえるか」を考えて行ったとのことだ。

「自らも発売を楽しみにしていた」と語る堀井氏。『ドラクエIII』の発売日にも、こっそり新宿の行列をのぞいていたというエピソードを紹介。

「SHIBUYA TSUTAYA」で最初にソフトを購入した彼(写真中央)は、記念撮影後に和田氏、堀井氏とガッチリ握手を交わしていた。

販売開始後の店内の様子。ソフトと一緒に「ドラゴンクエストスライムコントローラ」を購入していく人もいた。


データ

▼『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS2
■ジャンル:RPG
■発売日:発売中(2004年11月27日)
■価格:9,240円(税込)
※Amazonの販売価格:7,854円(税込)
※プレイステーション・ドットコム・ジャパンの販売価格:7,980円(税込)

■『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』の購入はこちら
Amazon
プレイステーション・ドットコム・ジャパン

■関連サイト
『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』公式サイト
スクウェア・エニックス


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。