News

2004年2月17日(火)

サミーの里見治社長がセガの代表取締役会長に就任。鈴木常務も取締役に

 セガは本日2月17日、臨時株主総会を開催し代表取締役の異動および、新経営体制を決議したことを明らかにした。

 この人事では、セガの筆頭株主であるサミー代表取締役社長の里見治氏が、セガの代表取締役会長に本日(2月17日)付で就任。更に同じくサミーの常務取締役でありAM営業本部管掌、AM・NEWS事業統括室長の鈴木義治氏も本日付でセガの取締役に就任した。
 また、CSK代表取締役社長の青園雅紘氏と理事の金城摩承氏は、2月16日付でセガ取締役を退任した。

 サミーはパチスロ、パチンコ事業の強化とともに、新たなエンタテインメントを世界規模で展開する「NEWS」事業に注力している。今回正式に取締役に就任したことで、セガとより深く連携を取ることができる体制が整ったといえるだろう。


■関連サイト
サミー
セガ


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。