News

2004年3月22日(月)

任天堂、希望者に対して「デジタルAV出力端子」付きのゲームキューブの提供を継続

 任天堂は、本日3月22日より14,000円(税込)に値引きを行ったゲームキューブ本体について、今後も希望者に対して「デジタルAV出力端子」を搭載したモデルの提供を予定していることを明らかにした。

 GC本体は今回の価格改定にともない、D端子およびコンポーネントビデオケーブルを接続するための「デジタルAV出力端子」を取り除くなどの仕様変更が行われている。これにより、市場に新モデルが流通し始める2004年5月頃以降、ハイビジョン対応TVなどの性能が生かしきれない点について、一部のユーザーや購入を検討している人から不安の声があげられていた。

 これに対して任天堂では、今後も高画質な映像を楽しみたいというユーザーに対して、GC本体とD端子接続ケーブルをセットにした特別版の販売を予定しているとのこと。具体的な販売方法などについては、詳細が分かり次第電撃オンラインでも続報をお届けする予定だ。

 最近はデジタルハイビジョン対応TVへの流れが進んでいることもあり、徐々にD端子を搭載したTVが普及しつつある。また、GC用ソフトにはプログレッシブ(D2)対応ソフトが多くそろえられているので、最高の画質でゲームを楽しみたい人にとってはうれしい措置といえる。

値下げにともない、一部仕様が変更されたゲームキューブ本体。しかし、高画質な映像を望むユーザーには引き続き「デジタルAV端子」付きGCを販売するとのことなので一安心だ。

(C)2003 Nintendo

データ

▼「ニンテンドー ゲームキューブ」
■メーカー:任天堂
■価格:14,000円(税込)
※Amazonの販売価格:14,000円(税別)

■「ニンテンドー ゲームキューブ」の購入はこちら
Amazon
■関連記事
2004年3月19日
消費税総額表示にともない、GCやGBASPが実質値下げ! GC本体は仕様変更も

■関連サイト
任天堂 ニュースリリース
任天堂


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。