News

2004年5月12日(水)

無線LAN接続にUMD光ディスク!最新技術が詰まった「PSP」のスペックを紹介

 5月11日(日本時間5月12日)、E3に先駆けて米ロサンゼルスで行われたSCEのカンファレンスにて判明した「PSP」の詳細なスペックをここに紹介する。

 本体カラーはブラックのみで、寸法が横170mm×縦74mm×厚さ23mm、重量は260gということはすでにお伝えしたとおり。ディスプレイには16:9ワイドスクリーンの高品位TFT液晶を採用し、480×272ピクセル高精細度スクリーン上に1,677万色のフルカラー表示が可能。あわせて内臓ステレオスピーカーや外部ヘッドホン、マイク端子を備えておりスクリーン輝度調整、サウンドモード選択などの基本性能を充実させている。操作面では、PSならびにPS2のボタン形式を引き継いでいるため(「PSP」のL・Rボタンは各1つ)、同じような感覚で操作できるとのことだ。
 また、USB2.0をはじめとする各種I/O接続端子や通信規格“WI-FI”(ワイファイ)に準拠した無線LANを標準装備しており、さまざまな機器との連携や屋外での無線ネットワーク接続を「PSP」のみで行える。これらを使用することで、ネットワーク経由でソフトウェアやデータをダウンロードして「メモリースティック PRO デュオ」に保存することが可能だ。

 「PSP」のメディアとして採用された“UMD”光ディスクは、最大容量1.8GBものデジタルデータを保存できるため、ゲーム以外のさまざまなデジタルコンテンツにも対応。ミュージッククリップや映画などの映像コンテンツを楽しむこともできる。
 加えて、これらのコンテンツ保護を目的に、個々のメディアIDおよび暗号鍵に対応した強力な128ビットAES暗号によるコンテンツ著作権保護方式と、「PSP」本体に設定されたIDによるセキュリティ保護法式が同時に採用されているとのことだ。

手に取ったとき、まずその薄さに驚かされる「PSP」の本体。ボタン配置はPS2などに近い。

直径60mmの超小型光ディスク“UMD”は、片面2層で1.8GBの容量を誇る。


データ

【PSP商品仕様】
商品名 PlayStation Portable(PSP)
本体色 ブラック
外形寸法 約170mm(W)×74mm(D)×23mm(H)(最大突起含まず)
質量 約260g(バッテリー含む)
CPU PSP CPU(動作周波数 1~333 MHz)
メイン・メモリ 32MB
内蔵 eDRAM 4MB
ディスプレイ 4.3インチ 16:9 ワイドスクリーンTFT液晶
480x272 ピクセル、1,677万色
最大200cd/ 平方メートル(輝度調整付)
サウンド ステレオスピーカー内蔵
主なI/O IEEE802.11b(Wi-Fi)準拠
USB2.0(Target)
Memory Stick PRO Du
IrDA
IR remote(SIRCS準拠)
内蔵ドライブ 再生専用UMDドライブ
対応プロファイル PSP Game、UMD Audi、UMD Video
主な端子 外部電源供給端子、本体電源入力端子、ヘッドホン/マイク/コントロール、一体型端子
キー・スイッチ類 方向キー(上下左右)、アナログパッド、決定キー(△○×□)、L、R キーx1、START、SELECT、HOMEx 1、POWER on/hold/off スイッチ x 1、Display、Sound、Volume +/- x1、無線LAN on/off スイッチx 1、UMD EJECT x1、
電源 内蔵リチウムイオンバッテリー、ACアダプター
アクセスコントロール リージョン、パレンタルロック
予定周辺機器 専用PSP本体スタンド、専用リモートコマンダー付ヘッドホン(マイク装着可)専用バッテリーパック、PSPケース、PSPストラップ
(E3参考出品周辺機器) 専用USB機器(カメラ、GPS、キーパッド)

【UMD仕様】
デザイン 両面シースルー・シャッターレス
外形寸法 約65mm(W) x 64 mm(D) x 4.2 mm(H)
質量 約10g
ディスク径 60mm(直径)
最大容量 片面2層1.8GB
レーザー 660nm(赤色)
暗号方式 AES128ビット
プロファイル PSP Game(full function)、UMD Audio (codec ATRAC3plus、PCM、)、UMD Video (codec MPEG4 AVC、ATRAC3plus、字幕PNG)

■関連記事
2004年5月12日
PSPには国内外のゲームソフトメーカー99社が参入! 日本発売予定タイトルも判明
2004年5月12日
E3に先駆けてSCEカンファレンス開催! 「PSP」の詳細や参入メーカーなども発表!!

■関連サイト
SCEA
SCE
E3 2004


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。