News

2005年1月25日(火)

オリジナル短編ドラマの制作発表も!ガンホー、『RO』2005年上半期の計画を発表

 ガンホー・オンライン・エンターテイメントは本日1月25日、青山ダイアモンドホールにて、PC用MMORPG『ラグナロクオンライン』の2005年上半期計画発表会を開催した。

 発表会には、ガンホー代表取締役社長の森下一喜氏、『ラグナロクオンライン』の開発担当の廣瀬高志氏、宣伝担当の飯野平氏の3名が出席。正式サービス開始3年目となる『ラグナロクオンライン』のアップデートスケジュールや、ガンホーの新規オンライン事業などに関する発表が行われた。

 まず、森下氏は2004年度のガンホーの事業内容について解説。森下氏によると、ガンホーの各オンラインコンテンツを利用するために必要な「ガンホーID」の登録者は、2004年12月までに794,489人を記録し、公認ネットカフェの店舗数も1,145店と増加傾向にあるという。2005年度は、現在サービス中の『ラグナロクオンライン』や『A3』などに加えて、昨年の東京ゲームショウで発表された『ヨーグルティング』と『Codename;“GO”』のリリースを予定。中でも、ガンホーオリジナルのMMORPG『Codename;“GO”』は、『グランディア』シリーズなどでおなじみのゲームアーツが開発を担当しており、海外を含めた展開を視野に入れているとのことだ。

 続いて、ガンホーの2005年度新規プロジェクトとして、短編ドラマ「mahora☆ -まほらのほし-」の制作が発表された。ガンホーは、オンラインゲーム以外のコンテンツ拡充を目指して「mahora☆」の制作を開始。2月11日の鹿児島読売テレビ(KYT)での放映を皮切りに、全15局で順次放映(詳細は公式サイト参照)される予定となっている。「mahora☆」には、CMやドラマに出演している加藤ローサさんと、人気お笑い芸人の劇団ひとりさんが出演。今作がドラマ初主演となる2人による純愛ストーリーが展開するとのことだ。
 ドラマは、TV放映されるだけでなく、ガンホー公式サイトなどでのストリーミング配信も実施。ドラマの映像には、『ラグナロクオンライン』のゲーム画面が挿入されるなどの試みも行われるという。森下氏は「mahora☆」について、「このドラマの放映により、今までオンラインコンテンツに触れてこなかった新規ターゲット層を開拓し、市場の拡大に貢献したい」と語った。

 森下氏は、さらに続けて『ラグナロクオンライン』のアップデート計画を発表した。2005年の『ラグナロクオンライン』のコンセプトは「Move on RAGNAROK ONLINE」。上半期にはファン待望の「転生システム」の実装をはじめ、3回のアップデートが予定されている。以下に本日明らかとなった各アップデートの詳細を紹介していく。

■2005 1stアップデート
 2005年最初のアップデートでは、昨年延期されてしまった「転生システム」がいよいよ実装される。「転生システム」は、ベースレベルが99に、ジョブレベルが50に到達したキャラクターを転生させ、さらに能力を成長させるというもの。転生後のキャラクターは、“ロードナイト”や“ホワイトスミス”といった上位2次職に転職することができる。気になる「1stアップデート」の実装は2月15日に行われる。「転生システム」以外にも、カプラ倉庫の拡張や、ギルドメンバー上限数の拡張も実施される。

■2005 2ndアップデート
 4月予定の「2ndアップデート」は、新マップ、および初心者サポートシステムの追加が中心となっている。新たに登場するマップは、中国をモチーフとした「龍之城」や、新婚旅行をイメージした「ジャワイ」の2つで、「フェイヨン」のリニューアルも行われる予定。
 初心者サポートについては、修練所のリニューアルや初心者用クエストの追加、案内板の設置などが行われる。また、詳細は明らかにされなかったが「離婚機能」も追加されるとのことだ。

■2005 3rdアップデート
 上半期最後となる「3rdアップデート」では、グローバルプロジェクト第4弾として、タイをモチーフとした新マップ「アユタヤ」を実装。この他にも、「養子縁組」システムや神器アイテムの登場、マリッジスキルの仕様変更などが予定されている。

 発表会では、2005年内に予定されているアップデート以外の情報も明らかにされた。中でも注目を集めそうなコンテンツが、携帯電話向けサービスの『ラグナロクモバイル』。このコンテンツは、『ラグナロクオンライン』本編と連動しており、モバイルで得たアイテムをゲーム本編の通貨「ZENY」に両替することができる。なお、利用料金については現在検討中とのこと。

 また、ギルド同士が戦いを繰り広げるGvGの日本大会「RJC(仮称)」が2005年夏頃に開催される。昨年には、GvGの世界大会が韓国で開催され注目を集めたが、今回の「RJC」は日本国内のみでの開催。未成年のユーザーでも気軽に参加できるので、「RJC」開催に向けてキャラクターを成長させておきたいところだ。

 この他にも、会場では「第2回ガンホーオフラインミーティング(大阪)」の開催や、不正行為者対策の継続など、2005年の取り組みについての発表が行われた。年々拡大していくオンラインゲーム市場の中で、『ラグナロクオンライン』のゲーム内容はもちろんのこと、コミュニティ全体が今後どのような発展を遂げるのか、ファンは注目しておこう。

ガンホー代表取締役社長の森下氏は、『ラグナロクオンライン』のアップデート情報だけでなく、ガンホー全体の2005年の取り組みについて発表した。



ガンホーの新規事業として発表された短編ドラマ「mahora☆ -まほらのほし-」。ガンホー公式サイトでのストリーミング配信は無料となっているが、「ガンホーID」の登録が必要となる。

会場では2004年12月までのユーザーデータも公開された。データによると『ラグナロクオンライン』プレイヤーは、10代後半~20代前半のユーザーが全体の6割以上を占めている。



正式サービス3年目に突入する『ラグナロクオンライン』。2005年最初のアップデートでは、上位2次職に就くための「転生システム」が導入される(写真上は“ロードナイト”のイメージイラスト)。



2005年上半期のアップデートでは、新マップが続々と追加される。下半期には、シュバルツバルド共和国の都市も徐々に公開される予定だ。

発表会の最後には質疑応答が行われた。ガンホーがサービスを行う各オンラインゲームの差別化についてや、ネット依存症の問題についての質問も向けられた(写真左から森下氏、廣瀬氏、飯野氏)。

(C)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(C)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

データ

▼『ラグナロクオンライン』
■メーカー:ガンホー・オンライン・エンターテイメント
■対応機種:PC(対応OS:Windows2000/XP)
■ジャンル:RPG(オンライン専用)
■価格:無料
■プレイ料金:1,500円(税別)/30日

■関連サイト
『ラグナロクオンライン』公式サイト
「mahora☆ -まほらのほし-」公式サイト
ガンホー・オンライン・エンターテイメント


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。