News

2005年1月26日(水)

任天堂、平成16年度第3四半期連結業績を発表。NDS販売台数は280万台を突破

 任天堂は、平成17年3月期における第3四半期業績(平成16年4月1日~平成16年12月31日 連結ベース)を明らかにした。

 第3四半期の売上高は4,193億7300万円(前年同期比4.6%減)、営業利益は1,031億600万円(前年同期比0.5%増)、経常利益は501億4,000万円(前期比47.2%減)、経常利益は1,153億5,900万円(前年同期比120.6%増)、純利益は677億5,700万円(96.1%増)となっている。

 任天堂は、新型携帯ゲーム機ニンテンドー DSを昨年11月21日に米国で、12月2日に日本国内で発売。発売後約2カ月で280万台を越える販売台数を記録するなど非常に好調。しかしながら、ニンテンドー DS用ソフトおよび、GCの売上が予想を下回る見込みとなったことに加え、為替相場における円高の進行を考慮に入れ、平成16年11月25日の中間決算発表時に公表した平成17年3月期の連結業績予想(平成16年4月1日~平成17年3月31日)を下方修正した。修正後は、売上高が5,200億円(200億円減)、経常利益が1,200億円(300億円減)、純利益が700億円(200億円減)。
 なお、各ハードや対応ソフトの販売数、予想数量は下記のとおり。


データ

■任天堂 平成16年度第3四半期連結販売実績数量および、通期販売予想数量
ハード/
対応ソフト
当第3四半期
販売数
当第3四半期
国内販売数
全世界累計数
今期予想
GBA本体
(うちGBASP)
1,434万台
(1,358万台)
228万台
(226万台)
6,574万台
(3,073万台)
1,600万台
(1,500万台)
GBA対応ソフト 7,257万本 1,412万本 2億5,637万本 7,700万本
GC本体 346万台 33万台 1,803万台 400万台
GC対応ソフト 4,030万本 421万本 1億4,818万本 4,500万本
ニンテンドー DS本体 284万台 145万台 284万台 600万台
ニンテンドー DS対応ソフト 501万本 210万本 501万本 1,000万本

■関連サイト
任天堂 平成17年3月期 第3四半期業績(pdf)
任天堂


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。