News

2005年10月21日(金)

「プレイステーション・ポータブル」、全世界での累計出荷台数1,000万台を達成

 SCEは本日10月21日、全世界における携帯ゲーム機「プレイステーション・ポータブル」の累計出荷台数が1,000万台に達したことを発表した。

 PSPは、日本での2004年12月発売を皮切りに、北米で2005年3月、アジア地域で5月、欧州地域で9月にそれぞれ販売がスタート。現在、日本およびアジア圏で300万台、北米で447万台、欧州(PAL地域)で253万台の生産出荷台数を記録している。
 日本での発売から10カ月にして累計1,000万台の出荷を達成したことは、SCEがこれまでに発売してきたゲームハードの中でも最速の普及スピードだという。

 また、PSP用ソフトについては、全世界で197タイトルが発売されており、その累計出荷本数は1,960万本に達しているとのこと。さらにUMDビデオによる映像作品は早くも、累計出荷本数が1,500万本を超えているという。

本日10月21日付けで、全世界累計生産出荷台数が1,000万台を突破した「プレイステーション・ポータブル」。11月7日には、新たなパッケージ商品「PSP “プレイステーション・ポータブル” GIGA PACK(以下、PSP ギガ・パック)」が世界各地域にて発売される。

(C)2005 Sony Computer Entertainment Inc.All rights reserved.

■関連記事
2005年10月20日
「メモリースティック PRO デュオ 1GB」などを同梱した「PSP ギガ・パック」が新登場!

■関連サイト
SCE ニュースリリース(pdf)
PlayStation.jp
SCE


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。