News

2005年11月11日(金)

『ECO』の3社共同事業体が解散、今後は各社が得意業務分野をそれぞれ担当

 ガンホー・オンライン・エンターテイメントは同社取締役会において、ブロッコリーおよび、ヘッドロックとの共同出資によるPC用MMORPG『EMIL CHRONICLE ONLINE(エミル・クロニクル・オンライン 以下、ECO)』の運営体制を変更し、3社による共同事業体を解散することを決議した。

 任意組合である共同事業体の解散は、各社の得意業務分野への集中を目的に決定。各社が、それぞれの得意分野において直接関与することがコンテンツ資産を効率的に運用し、利益率の向上に寄与すると判断したとのこと。
 今後は、ガンホーが『ECO』の全般の管理を、ブロッコリーがキャラクター分野を、ヘッドロックが制作分野をおもに担当することとなる。

ガンホーとブロッコリー、ヘッドロックの3社共同出資により、日本のマンガやアニメ、ゲーム文化をいかした純国産MMORPGとして企画・制作が進められてきた『ECO』。今後は3社がそれぞれの得意分野をいかして、運営されていくこととなる。

(C)2005 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.

データ

▼『EMIL CHRONICLE ONLINE』
■メーカー:ガンホー・オンライン・エンターテイメント/ブロッコリー/ヘッドロック
■対応機種:PC(対応OS:Windows 2000/XP)
■ジャンル:RPG(オンライン専用)
■サービス開始日:未定
■価格:未定
■プレイ料金:未定

■関連サイト
ガンホー・オンライン・エンターテイメント プレスリリース(pdf形式)
『EMIL CHRONICLE ONLINE』公式サイト
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
ブロッコリー
ヘッドロック


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。