News

2005年11月14日(月)

ドワンゴがスパイクを子会社化、ネットワークゲームやモバイルコンテンツをより強化

 携帯電話コンテンツやネットワークゲームなどの開発、運営を行うドワンゴは、本日11月14日に開催した同社取締役会において、スパイクの株式を取得し、子会社化することを決議した。同社は11月16日に、スパイクの発行済株式200株のうち160株(80%)を10億2,400万円で取得する。

 スパイクは、『爆走デコトラ伝説』シリーズや『キングオブコロシアム』シリーズなどを手がけるゲームソフトメーカー。ドワンゴはスパイクを子会社化することにより、ネットワークゲームの開発および、携帯電話向けコンテンツの強化を図るとしている。

 またドワンゴは、グループ内のゲーム事業再編に向け、スパイクを子会社化した後、ドワンゴの連結子会社であるチュンソフトとともに、グループにおける中間共同持株会社を設立する予定。新設会社は、グループ内のゲーム事業統括機構として、戦略の企画・立案に注力していくとのことだ。


■関連サイト
ドワンゴ ニュースリリース(pdf形式)
ドワンゴ
スパイク


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。