News

2005年12月10日(土)

次世代ゲーム機「Xbox360」本日発売!渋谷、新宿、秋葉原の販売状況をチェック!!

 本日12月10日、マイクロソフトから次世代ゲーム機「Xbox 360」がついに発売された。

 北米・欧州に続き、ようやく日本での購入が可能となった「Xbox 360」。都内主要ゲーム店舗では、発売開始時間が7:00に合わせられており、各店舗にてハード、対応ソフト6タイトルの販売がいっせいにスタートした。ここでは、都内渋谷、新宿、秋葉原の販売開始時の状況をお伝えしていく。

■「Xbox 360」発売レポート 渋谷編
「カウントダウンセレモニー」が行われたSHIBUYA TSUTAYAは熱気ムンムン!


 早朝6:45より「カウントダウンセレモニー」が行われた「SHIBUYA TSUTAYA」。事前にセレモニーの告知もあっただけに、6:00頃の店頭には約200人以上が列を成した。

 「カウントダウンセレモニー」には、マイクロソフト コーポレート バイスプレジデントのピーター・ムーア氏、マイクロソフト Xbox事業本部長の丸山嘉浩氏が参加。2人はそれぞれ、「日本でいよいよXbox 360の発売を迎えることができました。これまで皆さんの期待に応えるように頑張ってきましたが、ついに商品を手元に届けることができるということで、実際に楽しんでもらえると期待に胸をふくらませています(丸山氏)」、「11月22日に北米でXbox 360が発売されて以来、何十万人もの人々がすばらしいゲームプレイを体験しています。この東京で多くの方が、Xbox 360の発売の瞬間を迎えてくれたことをうれしく思っています。そして何よりもXboxのファンの皆さん、第1世代ではいろいろと苦労もしましたが、忠実にロイヤルカスタマーでいてくれたことに感謝します。必ずやこのお返しはさせていただきたいと思っています(ムーア氏)」と、発売日を迎えた喜びを語った。

 店内では、Xbox 360の販売開始となる7:00に向けて、60秒前からカウントダウンのムービーを上映。10秒前からは会場全体でカウントダウンが行われ、いよいよXbox 360の販売開始となった。

 SHIBUYA TSUTAYAで1番の整理券を手に入れたのは、埼玉県在住の男性。前々日に店頭を訪れたが並ぶことができず、様子をうかがいながら前日20:00に1番の整理券を受け取ったそうだ。映像制作の仕事をしているということで、Xboxは持っていないが、次世代機ではグラフィックの美しさ、デザインなどに惹かれ、購入を決めたとのこと。本体と同時に購入したゲームソフトは『リッジレーサー6』で、「早く家に帰ってすぐにプレイしてみたいです」と話していた。

 最後に丸山氏は、「これからも多くのすばらしいゲームを発売していきたいと思っています。今日からXbox 360のハイデフのすばらしさを味わってもらえると思いますので、購入した人はさっそく遊んでみてください。そして、遊んだ後の感想もどんどん私どもに聞かせてください」と今後の意気込みをコメント。「カウントダウンセレモニー」が終了し、レジはXbox 360を買い求める人たちの列で大賑わいとなっていた。

12月10日0:00過ぎのJR渋谷駅前。整理券が配布されたため、店頭の行列はないものの、「SHIBUYA TSUTAYA」を擁するQ-FRONTの巨大モニターなどには、Xbox 360の広告などが映し出されていた。


「カウントダウンセレモニー」の会場となった「SHIBUYA TSUTAYA」1階は、ポスターや広告でXbox 360一色に。


「カウントダウンセレモニー」に登場した丸山氏とムーア氏は、ともに「Xbox 360」のモチーフがデザインされたたスタジアムジャンパーを着用。60秒前から上映されたカウントダウンのムービーは、さまざまな人たちが「Xbox 360」とその名称を呼ぶというもの。トリを飾ったのは、ビル・ゲイツ氏!!


「SHIBUYA TSUTAYA」で1番に購入した男性には、丸山氏がXbox 360を直接手渡し。彼女がいないという彼に、ムーア氏は「Xbox 360を買ったから、ガールフレンドができるよ!」と声援を送り、会場の笑いを誘っていた。販売が開始された店内では、ムーア氏と丸山氏がレジに立ち、直接ユーザーにXbox 360を手渡す場面も。


店の外では、Xbox 360の購入者を対象に巨大なカプセルトイマシーンでの抽選会も実施。


■「Xbox 360」発売レポート 新宿編
ヨドバシカメラ ゲーム・ホビー館には50人以上の行列が!


 新宿での早朝販売は、おなじみの新宿ヨドバシカメラのゲーム・ホビー館。同店では告知通り、早朝7:00に店頭特設販売コーナーにて販売が行われた。
 ヨドバシカメラには早朝5:00頃からお客さんが並びはじめ、6:30で約30人、販売開始5分前には50人以上の行列に。販売30秒前から秒読みがスタートし、スタッフ数十名によるクラッカーの祝砲とともに販売を開始。販売開始時間にあわせて来るお客さんの姿もちらほらとあり、販売開始後1時間は列が途切れず。その間、コンパニオンがXbox 360用ソフトのPRなどが行われていた。
 ちなみに、記念すべき新宿でのXbox 360購入者第1号は、『リッジレーサー6』を楽しみにしていたと話す自営業を営むOさん。早朝の寒さに肌を震わせながら発売を待っていたOさんだったが、購入後はホクホクの笑顔で記念撮影。「同時発売タイトルがちょっと少ないのが残念ですが、まずは『リッジレーサー6』で早く遊びたいですね。これからどんどんソフトが発売されるのを楽しみにしています」とXbox 360に期待を寄せていた。

販売開始10分前の早朝6:50には、50人以上の行列を作った新宿のヨドバシカメラ。並びはじめは早朝5:00。


コンパニオンがXbox 360をPRをする中で、順番に販売がスタート。販売開始後1時間は列が途切れない状況となった。練馬区からタクシーと電車を乗り継いで来たという新宿ヨドバシカメラでの購入一番乗りのOさん。まずは『リッジレーサー6』を遊びつくしたいとのことだった。


■「Xbox 360」発売レポート 秋葉原編
ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaでは抽選会を実施


 日本最大の電脳都市・秋葉原、そして日本最大規模の家電量販店として今年9月にオープンしたヨドバシカメラ マルチメディアAkiba。秋葉原地区では、このヨドバシカメラ マルチメディアAkibaをはじめ、メッセサンオー、LaOX ASOBITCITYが7:00より「Xbox 360」の販売をスタートした。
 オープン以来連日の盛況を誇るヨドバシカメラ マルチメディアAkibaが存在する秋葉原だけに、この店舗に客足が集中すると思われたが、各店舗ごとに行列が分散していた。どうやら普段から利用している店舗で購入するユーザーが多かったようだ。
 ハードと一緒に発売されたタイトルの中では、ナムコのRCG『リッジレーサー6』が人気を集めていた。現在販売されている「Xbox 360」には、MMORPG『ファイナルファンタジーXI』のベータテスト参加用アカウントとクライアントソフトが付属しているので、こちらをプレイするというユーザーも多く見られた。

 また、ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaでは「Xbox 360」購入者を対象に、液晶テレビなどの豪華賞品が当たる抽選会も実施されている。抽選会は本日17:00まで行われているので、これから購入しようと考えている人は、ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaを利用してみてはいかがだろうか。

「Xbox 360」の販売がついにスタート。新たな“ハイデフエンターテイメント”の時代が始まる瞬間だ。ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaでは、豪華賞品が当たる抽選会も実施されていた。



データ

▼「Xbox 360」
■メーカー:マイクロソフト
■発売日:発売中(2005年12月10日)
■価格:39,795円(税込)

■「Xbox 360」の購入はこちら
セガダイレクト
Amazon
TSUTAYA online

■関連サイト
Xbox.com


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。