News

2005年4月7日(木)

ケダモノになった編集スタッフ!?『対戦ホットギミック』の悩殺キャラが電撃を襲撃

 クロスノーツが4月28日に発売を予定しているPS2用ソフト『対戦ホットギミックアクセス雀』。本日4月7日、このゲームのプロモーションのため、登場キャラクターである“ノービア”と“シルビア”が電撃編集部に訪れた。

 本日登場キャラクターに扮して編集部にやってきたのは、「コスプレ雀荘LittleMSN」に所属する弥呼人さん(“ノービア”)と高宮楓さん(“シルビア”)。ゲームのキャラクター顔負けのキワドイ衣装を着た2人は、『対戦ホットギミックアクセス雀』を一緒にプレイしてくれた。
 2人に悩殺され、“お仕置き”シーンを見たくてウズウズしている編集スタッフだったが、麻雀初心者のため対局になかなか勝てず。そんな編集スタッフのために、カンやリーチなどの細かい操作方法から切るべき手牌まで手取り足取り教えてくれた2人。そのおかげでなんとか対戦で勝利し、お楽しみの“お仕置き”シーンへ。画面を食い入るように見ていたスタッフだが、デモに飽き足らず我を忘れて現実の“シルビア”に“お仕置き”を迫った! いや、迫ってみた! ……がしかし、その行動を計算していたかのように、弥呼人さんと高宮楓さんのコンビネーション技(タコ殴り?)がさく裂。残念ながら返り討ちにあい、ことなきを得たのだった。

 『対戦ホットギミックアクセス雀』は、可愛い女の子と麻雀で対戦し、勝負に勝つとさまざまな“お仕置き”を楽しめるというアーケードの人気麻雀ゲームシリーズのPS2版最新作。PS2版オリジナル要素として、アドベンチャーパートと麻雀の対局パートで進行する「ストーリーモード」が用意されている。
 このソフトは通常版に加え、前作でも好評だった特典満載のSP版も発売。SP版の特典は、参加イラストレーター13人による設定画や描き下ろしコミックなど、ファン垂涎の内容となっている。価格は通常版が6,279円(税込)、SP版が7,329円(税込)。
 麻雀だけでなく、可愛いキャラクターたちとの“お仕置き”も楽しめる『対戦ホットギミックアクセス雀』。アーケードでプレイしていたという人も、オリジナル要素満載のPS2版を楽しみに待っていよう。



『対戦ホットギミックアクセス雀』の“ノービア”と“シルビア”が電撃編集部を襲撃。編集スタッフにやさしく麻雀を手ほどきしてくれた。



“お仕置き”では、ボタンを連打することできわどいシーンが展開。画面に映し出された艶姿のためか、それとも連打で体を動かしたからか、テンションが最高潮になった編集スタッフが“シルビア”に“お仕置き”を迫る!



ケダモノと化した編集スタッフを止めるため、“ノービア”と“シルビア”が実力行使。2人のおかげで電撃から犯罪者を出さずに済みました。


データ

▼『対戦ホットギミックアクセス雀』
■メーカー:クロスノーツ
■対応機種:PS2
■ジャンル:TBL
■発売日:2005年4月28日
■価格:通常版 6,279円(税込)/SP版 7,329円(税込)

■関連サイト
『対戦ホットギミックアクセス雀』公式サイト
クロスノーツ


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。