News

2005年5月11日(水)

かわいいキャラクターと大人のドリル!DS用ソフト『らき☆すた』で脳のトレーニング

 角川書店は、同社の「月刊コンプティーク」や「月刊少年エース」で連載中の人気コミックを原作としたDS用ソフト『らき☆すた(仮題)』を2005年内に発売する。

 『らき☆すた(仮題)』のジャンルは、かわいらしいキャラクターたちと一緒に脳のトレーニングに挑戦する「大人のドリル」。ゲームモードは、ひたすら問題を解き続ける「ひたすらドリルモード」、原作のキャラクターによるストーリーが展開する「どらまモード」、最大4人まで同時参加可能な「複数対戦モード」の3つが用意されている。

 各モードでは、タッチスクリーンに答えを記入する「計算問題」や画面に表示された文章を正しく音読する「音読問題」など、DSならではの機能を利用したバリエーション豊かな問題に解答。プレイヤーの解答時間や正答率によって、各キャラクターの能力が変化する育成要素も取り入れられているので、何度でも繰り返し楽しめる内容となっている。

 原作コミックのファンはもちろん、脳のトレーニングに興味がある人は『らき☆すた(仮題)』の続報を楽しみにしていよう。

かわいいキャラクターが活躍する4コマ漫画「らき☆すた」が、大人のドリルになってDSに登場。「どらまモード」では、ドリルの間にキャラクター同士の会話が挿入される。





瞬間の判断力や記憶力が試される脳のトレーニングに、タッチスクリーンやマイクで挑戦。「音読問題」の問題文の中には、思わず笑ってしまうような文章も!?



パートナーに選択できるのは、“つかさ”や“かがみ”をはじめとする6人の人気キャラクター。プレイヤーの好みにあわせて、パートナーの能力値や必殺技を成長させることが可能だ。

(C)美水かがみ/角川書店

データ

▼『らき☆すた(仮題)』
■メーカー:角川書店
■対応機種:DS
■ジャンル:ETC
■発売日:2005年
■価格:未定

■関連サイト
角川書店


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。