News

2005年5月13日(金)

エレクトロニック・アーツ、Xbox360への参入を正式発表!現在25タイトルを開発中

 エレクトロニック・アーツ(以下、EA)は本日5月13日、次世代ハードXbox 360用ソフトとして全25タイトルを現在開発していることを明らかにした。

 EAは、これまで2年間の歳月をかけて次世代機タイトルのビジュアルやアニメーション、ゲームシステムの開発に不可欠な技術の実験と研究を行ってきたという。EAの開発スタジオを統括するドン・マトリック氏は今回の発表に関し、「さまざまなジャンルにわたるEAのXbox 360用タイトルラインナップを通し、世界中にXbox 360の可能性を実感していただきたいと考え、今回発表いたしました。EAはこれまでに培った技術とクリエイティビティを駆使し、次世代機によるゲーム新時代をサポートしていきます。」とコメントしている。

 なお、現在開発している25タイトルのうち『ニード・フォー・スピード モースト・ウォンテッド』、『ゴッドファーザー』、『NBAライブ 2006』、『マッデンNFL 2006』『タイガー・ウッズ PGA TOUR 2006』、『FIFA 2006』の6タイトルは「The Electronic Entertainment Expo 2005」にて公開されるとのことだ。


■関連サイト
エレクトロニック・アーツ


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。