News

2005年5月19日(木)

【SCEブース】PS3展示に長蛇の列!サードパーティのタイトルもそろったSCEブース

 米・ロサンゼルスで現地時間5月18日に開幕した「Electronic Entertainment Expo 2005(以下、E3 2005)」。SCEのブースには、発表されたばかりのPS3本体が展示されるとあって、開幕直後から長い列ができていた。

 出展タイトルはPS2用ソフトを中心に、PSPや『EyeToy(アイトーイ)』シリーズなど、多彩なラインナップがそろっている。中でも来場者からの人気が高かったのは、アクションシリーズ最新作『Ratchet:Deadlocked(ラチェット&クランク4)』と『怪盗スライ・クーパー3』の2タイトル。また、国内外で人気を博しているFPSタイトル『SOCOM3:U.S. Navy SEALs』は、シリーズ初登場となる乗り物を活用したプレイを楽しんでいるファンを数多く見ることができた。

 そして、SCEブースの最大の目玉は、先日のカンファレンスでついに発表されたPS3本体のプロトタイプ。展示場所は周囲を壁で囲んだクローズドスペースとなっており、混乱を避けるために入場整理を実施。順番を待つ列は、大きなSCEブースを囲むように長く伸び、プロトタイプを見るには1時間以上待たなければ入れないという状態が続いた。
 クローズドスペース内は3つの展示コーナーに分かれており、各コーナーでPS3のイメージ映像、発表会のデモを再編集したもの、ガラスケースに入れられたPS3本体をそれぞれ見ることができた。
 PS3本体は、カンファレンスで公開されたブラック、ホワイト、グレーの3色が展示。回転台に乗せられていたので、本体後部の各種ケーブル差込口も間近でチェックすることができた。

 実際に触れることはできなかったものの、あらためて注目度の高さをうかがわせたPS3。デモ映像を見るだけでなく、リアルタイムで美麗なグラフィックを操作できる日が今から待ち遠しい限りだ。



PSPとPS2の発売前タイトルが多数プレイできたSCEブース。写真下のような球体状のイスも用意され、ゆったりとプレイを楽しめる。

クローズドスペースの入り口には「30 MINUTE」と書かれた立て看板が。実際には、ブースの裏側まで行列ができあがった。

行列で待つこと約1時間、ついに3色のPS3本体とご対面。三日月形の無線コントローラーもPS3の特徴の1つだ。





サードパーティのタイトルが多くを占める中、注目を集めていたのは『ラチェット&クランク4』と『怪盗スライ・クーパー3』。人気ドラマ「24」のゲーム化作品などもプレイアブル出展されていた。


■関連サイト
「Electronic Entertainment Expo 2005」公式サイト(英語のページ)
PlayStation.jp
SCE


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。