News

2005年7月24日(日)

【キャラショー2005】2日間の来場者数4万人突破!各社のブースをレポート

 本日7月23・24日、幕張メッセで「東京キャラクターショー2005」が開催された。主催はニッポン放送。8回目を迎えた今年も、アニメやゲームに登場する「キャラクター」にスポットを当てて物販やブースイベントなどが実施されていた。
 
 各社ブースは、会場限定や新登場のグッズ、イベントの参加整理券を求める人々で大混雑。中には1時間以上の待ち時間に達したブースもあり、注目度の高さがうかがえた。
 販売だけでなく、趣向を凝らしたブース設営もポイントの1つ。トミーのブースには特大のゾイドフィギュア、NETにはパチスロの試遊用実機、純和風を押し出したバップと、さまざまな展示物で来場者を楽しませた。

多数の来場者で賑わう、幕張メッセ9ホール。限定グッズなどは特に人気が集中し、午前中で売り切れてしまうものも。
ガンホーが放つ期待の新作MMORPG『ECO』は、プロモーションムービーや設定画のパネルで来場者の注目を集めていた。
TV版「AIR」でキャラクターデザインを務めた、荒谷朋恵氏のサイン会を実施中の京都アニメーション。
バンプレストは、ブース内に『サモンナイト エクステーゼ』の試遊台を設置。24日は、ステージで出演声優によるイベントも実施された。(詳細はこちら。)
トミーブースに展示されていた、特大のムラサメライガー。足を止めて記念撮影に興じる家族連れの姿も……。
角川ブースの一角に居を構える、電撃屋内「苺ましまろ」コーナー。PS2版の購入特典であるクリアポスターも展示されている。
壽屋ブースには、シノブと音速丸(「ニニンがシノブ伝」より)のフィギュアが。塗装済み完成品が3,654円(税込)! かなりお得な価格設定と言えるだろう。
人気パチスロ機種「リオ・デ・カーニバル」で勢いに乗るNET。ジッポライターや時計の他、Rioのプレミアドールなども販売していた。
バップのブースは、特大のパネルや和風の雰囲気で統一したコーナーでアピール。お寺を舞台とする新作アニメ「あまえないでよっ!」にちなんで、尼僧姿のコスプレイヤーさんも登場した。
ミューズのコスプレイヤーさんが『ローズオンライン』のスターターキットを配布していた、フェイスのブース。無料体験コーナーも設置されていた。


 地震の発生というアクシデントにも見まわれたものの、総来場者数は2日間合計で4万8,078名(開催社調べ。23日2万2,366人、24日2万5,712人)。大いに盛り上がった2日間だったと言えるだろう。



■関連サイト
「東京キャラクターショー2005」公式サイト


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。