News

2005年7月25日(月)

【XboxSummit2005】「ハイデフ」をコンセプトにしたXbox360ソフトが多数登場!

 すでに本日の記事で紹介したとおり、Xbox 360用ソフトが多数発表された「Xbox Summit 2005」。こちらのレポートでは、発表会の様子を詳しくお伝えする。

 本日の発表会は、マイクロソフトコーポレーション会長兼チーフソフトウェアアーキテクトのビル・ゲイツ氏のビデオレターが公開されてスタート。ビル・ゲイツ氏は、「日本はファミコンやPSといった家庭用ゲーム機が産声をあげた国であり、主要ゲームメーカーが多数存在する国です」とゲーム市場における日本の重要性を言及するとともに、「私たちは日本のマーケットに対して全面的な支援を行っています。次回の来日時には皆さんにお会いし、いろいろな意見を交換したいと思います」とXbox 360の方向性を示した。

 続いて登場したのは、マイクロソフト コーポレートバイスプレジデントのピーター・ムーア氏。ステージ上に登壇した彼は、Xbox 360の新コンセプト「ハイデフ エンターテイメント」を発表した。このコンセプトは、日本国内においてのXboxの展開から、マイクロソフトが学んだことを形にしたものだという。Xbox 360では、高性能な“ハード”とユーザー間の“つながり”、自分の好みにカスタマイズできる“コンソール”を軸とした「ハイデフ」をコンセプトに、次世代エンターテイメントライフを提供していくとのことだ。

 また、マイクロソフト取締役Xbox事業本部長の丸山嘉浩氏は、Xbox 360の機能を実機を使って紹介。丸山氏が語ったXbox 360の特徴は、「ワイヤレスコントローラ」、「無線LANによるネットワークへの接続」、「WindowsXP Media Centerを使ったPCとの連動」の3つ。「ワイヤレスコントローラ」の採用はすでに発表されているが、有線タイプにも対応することや電源スイッチがコントローラに存在することなどが明らかにされた。
 「無線LAN(IEEE 802.11a対応のワイヤレスネットワークアダプタ)」の利用に関しては、オプションで選択することが可能。料金については、無料のシルバーサービスと有料のゴールドサービスの2種類が用意される。シルバーサービスを選択した場合でも、購入してすぐにXbox Liveを利用できる他、ユーザーの情報を世界中に発信することもできるという。
 3つ目の「WindowsXP Media Centerとの連動」では、「WindowsXP Media Center」を搭載したPCと接続することで録画したテレビ番組や映画、音楽、写真といったさまざまなコンテンツをXbox 360で利用可能になる。

マイクロソフト
コーポレートバイスプレジデント
ピーター・ムーア氏
マイクロソフト
取締役Xbox事業本部長
丸山嘉浩氏
「Xbox Summit 2005」に登場したピーター・ムーア氏と丸山嘉浩氏。丸山氏は、「次世代機の優劣はハードの性能だけでは決まらない。Xbox 360はハード、ソフト、ユーザーへのサービスの3つにより最高の次世代機を目指します」とコメントした。

 この他「Xbox Summit 2005」には、Microsoft GAME Studioやゲーム・リパブリック、キュー・エンタテイメントといったデベロッパー、ナムコやカプコン、スクウェア・エニックスなどのパブリッシャーの代表が登場し、現在開発中のタイトルを公開。以下に各代表者のコメントを紹介する。

『PGR 3 - PROJECT GOTHAM RACING 3-』
Bizarre Creations Limited
Design Manager ニック・デイビス氏
「プレイしていて心臓がドキドキするようなRCG、それが『PROJECT GOTHAM RACING 3』です。数千万のポリゴンを使用した“新宿”や“ニューヨーク”といった街の再現、内装のディテールまでリアリティにこだわった自動車、そしてオンライン機能「Gotham TV」による世界中のプレイヤーとのコミュニケーションを体験してください。」

『エブリパーティ』
ゲームリパブリック
代表取締役CEO 岡本吉起氏
「“ゲームは単純にプレイしていて楽しいもの”という基本に戻って作ったタイトルです。ボードゲームは好きな人が数人集まらないと遊べないんですが、『エブリパーティ』はオンラインで誰とでも手軽に遊べちゃいます。ゲムリパの『エブリパ』、ゲムリパの『エブリパ』。実際に遊ばないとわからないゲームなので、今日はタイトル名を覚えて帰ってください(笑)。」

『NINETY-NINE NIGHTS(ナインティナイン・ナイツ)』
キューエンタテインメント
代表取締役チーフクリエイティブオフィサー 水口哲也氏

ファンタグラム
代表取締役CEO SangYoun Lee(サンユン リー)氏

「今日のために『NINETY-NINE NIGHTS』のロゴを、略称の『N3』という文字を入れたバージョンに新しくしました。これまでは大軍勢と戦うACTということを前面に出してきましたが、いろんな種族が織り成すドラマも『N3』の魅力の1つです。(水口氏)」 「Xbox 360だからできる、大軍勢をなぎ倒していくACTを楽しんでください。『N3』では、キャラクターが使う“魔法”や“技”のエフェクトに関しても、これまでにないものを目指しています。(サンユン リー氏)」

『Ridge Racer 6』
『フレームシティ』
『新RPG(仮称)』
『LOVE FOOTBALL(仮称)』

ナムコ
常務執行役員 CTカンパニーバイスプレジデント 原口洋一氏

「現在ナムコでは、本日発表した4タイトルの他にも数タイトルを開発中です。『リッジレーサー』シリーズの新作をはじめ、大都市を舞台にしたクライムアクション『フレームシティ』、『テイルズ オブ』シリーズのスタッフによる新作RPG、一人の選手となってサッカーライフを送る『LOVE FOOTBALL(仮称)』など、あらゆるジャンルのゲームをXbox 360で発売していきます。」

『機動戦士ガンダム(仮称)』他3タイトル

バンダイ
常務取締役 ビデオゲームカンパニー プレジデント
鵜之澤伸氏

「バンダイでは、「機動戦士ガンダム」を題材にしたタイトル(開発:ディンプス)、『エウレカセブン TR1:NEW WAVE』のようなアニメと連動したメディアミックスタイトル、そして詳細はお知らせできませんがもう1タイトルを開発しております。『機動戦士ガンダム(仮称)』は9月に開催される「東京ゲームショウ 2005」で映像を公開する予定ですので、期待して待っていてください。」

『【eM】 ~エンチャント・アーム~』

フロム・ソフトウェア
『【eM】 ~エンチャント・アーム~』開発プロデューサー 竹内将典氏(ビデオレター)

「これまで多くのACTタイトルを手がけてきましたが、今回のタイトルは正統派RPGになります。Xbox 360のパワーを駆使したグラフィックによって、臨場感を感じられるタイトルになると思います。ゲームの中に“発見”がある、最後まであきないRPGを目指します。

『FIFA Road to the World Cup』
『ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド(仮称)』
『NBAライブ06(仮称)』

エレクトロニック・アーツ
開発部 スタジオバイスプレジデント スタン・チャウ氏(ビデオレター)

「EAでは、Xbox 360向けにさまざまなスポーツゲームや『ニード・フォー・スピード』シリーズ最新作、『ゴッド・ファーザー』など、強力なタイトルを用意しております。なかでも『FIFA Road to the World Cup』は、ディテールを追求したスタジアムや環境、選手たちのリアルな挙動など、これまでにないサッカーゲームとなっています。」

『DEAD OR ALIVE 4』
『DEAD OR ALIVE Xtreme 2』
『Project Progressive』
『DEAD OR ALIVE code:Cronus』

テクモ
常務執行役員 Team NINJA部長 板垣伴信氏

「テクモでは『DEAD OR ALIVE 4』の他、ビーチバレー以外にも多彩なゲームを盛り込んだ続編『DEAD OR ALIVE Xtreme 2』、ACTゲームの新タイトル『Project Progressive』、Xbox向けに開発を進めていた『DEAD OR ALIVE code:Cronus』をXbox 360で発売します。今回発表した4タイトルに加え、非常にインパクトのあるタイトルを開発しています。次の機会には発表できると思いますので待っていてください。」

『バイオハザード 5』
『DEAD RISING』

カプコン
常務執行役員 開発統括 稲船敬二氏

「恐怖だけでなくコミカルな演出も楽しめる『DEAD RISING』、ハイビジョンならではの空気感が注目の『バイオハザード 5』。これ以外にも、近々発表できる“ゾンビ”が出てこないACTタイトルを用意しています。いい物を作って、日本のゲーム市場を活性化していければと思います。」

『首都高バトル(仮称)』
元気
代表取締役 浜垣博志氏(ビデオレター)

「Xbox 360は今までできなかった処理、アスファルトのデコボコなどの再現が可能になっています。開発ツールも非常に充実しているので、ゲーム性のおもしろさを追求して開発を進めています。ネットワーク環境も視野に入れていますので、期待してください。」

『天外魔境ZIRIA -遥かなるジパング-』
ハドソン
『天外魔境ZIRIA -遥かなるジパング-』企画・監修
広井王子氏(ビデオレター)

「Xbox 360はハードとしてすごい高性能で、はじめは開発費もかかると思ったんですが実際はコストパフォーマンスがいい。これならハードが発売されてからもコンスタントにソフトが発売されますね。『天外魔境ZIRIA』は僕が初めて作ったタイトル。当時実現できなかったことが多くて、開発に3年もかかったので思い入れもあります。再び皆さんの前に出せるのはうれしいですね。」

『ウイニング イレブンシリーズ(仮称)』
『ランブルローズ XX(仮称)』
『プロ野球スピリッツ(仮称)』

コナミ
ゲームソフトカンパニー プレジデント 石塚通弘氏
コナミ
ウイニングイレブンプロダクション エグゼクティブプロデューサー
榎本真司氏
「今回が初めての発表となりますが、コナミでもXbox 360で皆さんに新たな遊びを提供していきたいと思います。Xbox 360のコンセプトである「ハイデフ」を体験できるタイトルを発売していければと思います。(石塚氏)」 「『ウイイレ』シリーズは世界で発売されていますが、今回マイクロソフトさんの協力が得られるということで、さらなる展開が可能になりました。現在開発がスタートしたばかりで、形になったものをお見せすることはできません。発売に関しても1年はかかる見通しで、2006年の秋から冬ごろになると思います。(榎本氏)」

『ファイナルファンタジー XI』
スクウェア・エニックス
プロデューサー 田中弘道氏

「いままでにいろんな雑誌などで話しすぎちゃいまして、あまり話すことはないんです(笑)。すでにサービス中のPS2版、PC版と同じものが遊べるぐらいにはなっています。MMORPGの場合、ハードの性能だけでなくHDDやキーボードといった周辺機器がそろっているかが重要になります。その点をXbox 360はクリアしていますので、あとは発売されることを待つばかりです(笑)。」

『WORLD AIRFORCE(仮称)』 『真・三國無双4 Special(仮称)』
この他にも映像出展のみのタイトルして、タイトーの『WORLD AIRFORCE(仮称)』、ユークスの『レッスルキングダム』、コーエーの『真・三國無双4 Special(仮称)』などが公開された。

 すでに発表されている作品も含め、開発中のタイトルが多数紹介された「Xbox Summit 2005」。今回公開されなかったタイトルも存在するとのことなので、今後もXbox 360の情報に注目しておこう。


データ

(C)Momoko Sakura 2005
(C)2005 Microsoft Corporation. All Rights reserved.
(C)2005 Microsoft Corporation. All Rights reserved
(C)2005 NAMCO LTD., ALL RIGHTS RESERVED.
(C)TECMO,LTD.Team NINJA 2005
(C)2005 KONAMI
(C)2005 HUDSON SOFT (C)2005 RED
(C)2002-2005 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
(C)TAITO CORP.2005
(C)KOEI Co., Ltd.
■関連記事
2005年7月25日
【Xbox Summit・速報】Xbox 360に『スパロボ』や『ウイイレ』など人気シリーズ続々!
2005年7月25日
【Xbox Summit・速報】岡本氏プロデュースのパーティゲーム『エブリパーティ』が発表

■関連サイト
Xbox.com


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。