News

2005年8月2日(火)

『FFXII』の松野氏、療養のためプロデューサーから離れ監修に。河津氏が引き継ぎ

 スクウェア・エニックスが2006年3月16日に発売を予定しているPS2用ソフト『ファイナルファンタジー XII』のプロデューサー松野泰己氏が、病気療養のために現場から離れることとなった。松野氏は、監修・原案・シナリオプロット担当として開発に関わる。

 松野氏は公式サイトにおいて、開発現場から離れることにつき「『ファイナルファンタジー XII』の発売を心待ちにしているファンのみなさん、開発に時間がかかってしまい本当に申し訳ございません。残念ながら都合により現場から一歩退くことになりましたが、皆川・伊藤・秋山ら優秀なスタッフの手によって着実に完成へ向かって開発が進んでいます。今しばらくお待ちください」とコメント。『ファイナルファンタジー XII』の開発は順調に進んでいるとのことなので、安心して発売日を待っていよう。

 なお、『サガ』シリーズの生みの親でもある河津秋敏氏が、エグゼクティブプロデューサーに就任。新たに開発スタッフに名を連ねている。



先日の「SQUARE ENIX PARTY 2005」で、発売日が2006年3月16日と発表された『ファイナルファンタジー XII』。会場では、挿入歌やキャスティングの発表も行われ、ファンの注目を集めた。

(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN:Akihiko Yoshida

データ

▼『ファイナルファンタジー XII』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS2
■ジャンル:RPG
■発売日:2006年3月16日
■価格:未定

■関連サイト
『ファイナルファンタジー XII』公式サイト
スクウェア・エニックス


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。