News

2005年9月1日(木)

【AMショー】ナムコブースの注目は『ドルアーガ』&『鉄拳5DarkResurrection』!

 本日9月1日~3日まで、幕張メッセにて開催されるアーケード用ゲームのイベント「第43回アミューズメントマシンショー(以下、AMショー)」。ナムコブースは、各ジャンルのタイトルがそろった、バリエーション豊かな出展ラインナップとなっていた。

ビデオゲーム、大型筐体、メダルゲームと多彩なタイトルがそろっており、ゲームセンターのようなナムコブース。毎年おなじみの、空中に浮かぶ巨大パックマンが目印だ。

■『ドルアーガ オンライン ザ・ストーリー・オブ・オーン』
 イベント開催前から注目を集めていた『DRUAGA ONLINE The story of Aon(ドルアーガ オンライン ザ・ストーリー・オブ・オーン)』には、開場直後から来場者が長い列を作った。『ドルアーガ オンライン』のジャンルは、タッチパネルとボタン1つで簡単に操作できるアクションRPG。プレイヤーは「ステーション」と「コミュニケーションタワー」という2つの筐体を使用して、ゲームを進めることになる。

 「コミュニケーションタワー」は、冒険のベースキャンプとなる筐体。新たにゲームを始める前には、まず「コミュニケーションタワー」でICカードを購入し、キャラクターメイキングをしなければならない。このICカードを「ステーション」に挿入することで冒険がスタート。取得した装備やアイテムとなどは、プレイが終了するたびにICカードに記録される。

『ドルアーガ オンライン』は、右写真のように「ステーション」と「コミュニケーションタワー」の2つの筐体がセットになっている。ゲームに登場する「復活の井戸」をイメージして作られたという「コミュニケーションタワー」では、プレイヤー同士でアイテムをトレードしたり、キャラクターをカスタマイズすることが可能だ。


ギルガメス(戦士タイプ)
カイ(魔法使いタイプ)
ゼオバルガ(戦闘ロボットタイプ)
ワルキューレ(弓兵タイプ)

ゲーム開始前に「コミュニケーションタワー」で行うキャラクターメイキング。キャラクターによって攻撃方法やステータスが異なっており、違ったプレイスタイルを楽しめる。


 フィールド上の操作は、移動したい場所や攻撃したい相手をタッチするだけというシンプルなもの。プレイヤーは、「エピック」と呼ばれる各キャラクターごとに用意された練習ミッションをクリアした後に、一話完結型の「クエスト」に挑戦することになる。『ドルアーガ オンライン』には多彩な「クエスト」が用意されており、稼動開始後には随時新クエストも配信されるという。
 また、複数の店舗間をネットワークでつなぐことで、全国のユーザーとパーティプレイを楽しむことも可能。キャラクターの育成やアイテムの合成・染色といったやり込み要素も用意されており、飽きることなく繰り返しプレイを楽しめそうだ。

最大4人まで同時に参加できるオンライン協力プレイも『ドルアーガ オンライン』の魅力の1つ。プレイヤーごとに役割を分担し、魔王“ドルアーガ”の軍団に立ち向かおう。

冒険の途中に手に入れたアイテムは、「コミュニケーションタワー」で装備することができる。装備はタッチパネルのドラッグ&ドロップで簡単に行うことが可能。納得いくまでキャラクターをカスタマイズしたいところだ。

 

■『鉄拳5 Dark Resurrection』

 『鉄拳5 Dark Resurrection』は、現在稼動中の『鉄拳5 Version5.1』とは異なる最新作。ステージやカスタマイズアイテムが多数追加されているだけでなく、PS2版『鉄拳5』で好評だった著名クリエイター陣によるエクストラコスチュームも収録されている。

『鉄拳5 Dark Resurrection』は、すでにプレイ可能な状態で出展されていた。稼動時期は、現在のところ未定だ。

 さらに、“ドラグノフ”と“リリ”という2人の新キャラクターが登場。この2人については名前と格闘スタイル以外明らかにされていないが、個性的なキャラクターが多い『鉄拳』シリーズだけに、他のキャラクターとの人間関係にも注目したい。

“ドラグノフ”
“リリ”

独特の暗い雰囲気をまとった“ドラグノフ”は、コマンドサンボを駆使する。今までのキャラクターとは一味違った動きが楽しめそうだ。 いかにもお嬢様といった外見の“リリ”。どのようなカスタマイズアイテムが用意されているのかにも期待が集まる。

新ステージ


カスタマイズ用新アイテム

■その他の出展タイトル

『マリオカートアーケードグランプリ』
『コブラ・ザ・アーケード』

『カウンターストライク ネオ』
『メダルの達人 ドキッ!
大当たりだらけのすごろく祭り』

 ナムコブースでは上記の注目タイトルの他にも、ガンシューティングゲーム『コブラ・ザ・アーケード』、レーシングゲーム『マリオカートアーケードグランプリ』、各種メダルゲームなどが出展され、賑わいを見せていた。各タイトルのファンからライトユーザーまで、幅広い層のユーザーが楽しめるブースとなっているので、明後日の一般公開日に足を運んでみてはいかがだろうか。


データ

(C)1984,1989,2004 NAMCO LTD., ALL RIGHTS RESERVED.
(C)1994,1995,1996,1999,2001,2004,2005 NAMCO LTD.,ALL RIGHTS RESERVED.

■「第43回アミューズメントマシンショー」開催概要
【開催期間】2005年9月1日、2日(業者招待日)、3日(一般公開日)
【会場】幕張メッセ 1・2・3ホール(千葉市美浜区中瀬2-1)
【開催時間】各日10:00~17:00
【入場料】中学生以上 前売券700円(税込)、当日券1,000円(税込)/小学生以下・60歳以上は無料
【前売券発売日】発売中(2005年7月1日)
【前売券販売場所】チケットぴあ、CNプレイガイド、ローソンチケット、JR東日本みどりの窓口、びゅうプラザ、首都圏内のファミリーマート、ampmの各店舗窓口

■関連サイト
ナムコ「第43回AMショー」出展情報
ナムコ
「第43回AMショー」公式サイト


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。