News

2005年9月16日(金)

【速報版】岩田社長の基調講演で「レボリューション」のコントローラが明らかに!

 任天堂の岩田聡社長による「TGSフォーラム」基調講演において、同社が開発を進めている次世代ゲーム機「レボリューション(仮)」のコントローラが公開された。
レボリューションのコントローラは、従来のゲームコントローラのように“必ず両手で握る”という常識を根本的に覆し、片手で持てるTVのリモコンのようなデザインを採用。さらにおどろくべきは、コントローラの先端には、最新の「ダイレクトポインティングデバイス」というセンサーが取り付けられており、これによってコントローラが指す画面の方向、画面との距離、ひねりなどが検出できるようになっているという。操作ボタンを押すだけでなく、左右上下に振ったり、銃や楽器のように構えたりなど、感覚的な操作が可能だ。

なお、岩田社長による基調講演の詳細は追ってお伝えする。

従来のコントローラとは大きく形状が異なり、プレイスタイルにも大胆なイノベーションをもたらすという「レボリューション」のコントローラ。突然のプロモーションムービー公開に、会場内は騒然となった。

このコントローラのポイントは、先端に付けられている「ダイレクトポインティングデバイス」。これにより、幅広く、フリーなスタイルでゲームが楽しめるように。



■関連サイト
任天堂


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。