News

2005年9月16日(金)

『ラグナロクオンライン2』のキャラは3種族!年内にクローズドベータがスタート!?

 グラヴィティは、ブース内ステージでの『ラグナロクオンライン2(以下、RO2)』の発表に続き、国際会議場に会場を移し「Gravity, Global Playground 2005」を実施した。

 この発表会では、『RO2』をはじめとするグラヴィティのコンテンツ展開や、同社の世界戦略についてのビジョンが明らかにされた。人気MMORPG『ラグナロクオンライン』の開発メーカーというイメージが強いグラヴィティだが、今後は有力メーカーのタイトルをリリースするパブリッシャーとしての活動も行っていくと発表。全世界のユーザーが共通の価値観で楽しめる作品を提供していくいくという。

 開会の挨拶を担当したのは、グラヴィティの会長を務める金正津氏。金氏は「『RO』が、日本や韓国、台湾、タイ、マレーシアなどで成功し、ここまでこれたのはみなさんのおかげです。また、ゲームだけでなく、(日本では昨年放映された)アニメも各国で放映され
るなど、韓国で生まれた『RO』はゲーム文化の一翼を担っています」と語った。

 続いて、これからのグラヴィティを象徴する新ロゴが発表された。新ロゴは、濃淡2色の青で縁取りされた「G」マークとなっており、この「G」は“Gravity”、“Game”、“Global(世界)”、の3つの意味が含まれているという。今後は世界企業として、韓国内のみならず各国で優良タイトルを展開していきたいという同社の決意が、このロゴに込められているようだ。

 また、ガンホー・オンライン・エンターテイメント代表取締役社長の森下一喜氏は、「ガンホーはグラヴィティとともに育ったメーカー。私は韓国のオンラインゲーム事業を見てショックを受け、グラヴィティに押しかける形で『RO』を日本でサービスすることにしました。グラヴィティがさらに大きな成功を収めるために、ガンホーもパートナーとして支えになりたい」とコメント。具体的に『RO2』のサービスをガンホーが行うという発表はされなかったが、プロモーションなどの部分で積極的に協力していくとのことだ。

 さらに、会場では『RO2』の気になる要素が明らかにされた。『RO2』のコンセプトは、前作の正統後継作品。前作の魅力を生かしつつ、より新しいもの、おもしろいものを取り入れていくという。グラフィックはキャラクターやフィールド、エフェクトなどすべてが3Dで表現される。2Dから3Dに変更されても、前作のかわいい雰囲気は継承されているという。

 前作では、プレイヤーが選択できる種族は1種類のみだったが、『RO2』では“Norman”、“Ellr”、“Dimago”の3種族から選択することが可能。初期ステータスや外見だけでなく、各種族はプレイ感覚も異なっているという。この他にも、3つの新システムの詳細が発表されたので以下に紹介しよう。

■「コンプレックス・ジョブ・チェンジング・システム」
 『RO』では、1度ジョブを選択したら上級職を極めるまで変更できず、新しいジョブを体験するためにはレベル1から育てなおさなければならなかった。『RO2』ではプレイヤーの負担を軽減するために、このシステムを導入。プレイヤーは、レベルを下げなくても他のジョブで冒険に参加できるという。

■「スペシャリティ・システム」
 各ジョブごとに用意されたスペシャリティを習得することで、キャラクターを強化。極めたスペシャリティは、ジョブを変更しても使用することができる。その場合には、スペシャリティのブロックを、4×4のスロットにセット。スロットの形にあわせた組み合わせを選ぶ必要があるため、、各プレイヤーごとに個性的なカスタマイズが生み出されそうだ。

■「装備成長システム」
 キャラクターと同じく、装備しているアイテムも使い込むことでレベルアップ。アイテムごとに最大レベルは決まっており、最大レベルに達した装備は合成アイテムを用いて練成することで、次の等級に進化させることができる。合成に使用するアイテムによっては違った属性のアイテムに進化するなど、奥深いアイテムクリエイトが楽しめる。

 最後の質疑応答では、発表会中に触れられなかったサービス開始時期についての質問も。グラヴィティ側の回答は、「年内にクローズドベータテストをスタートする予定。その後の展開は、ユーザーのニーズを取り上げながら様子を見る」ということだった。クローズドベータテストが日韓同時に行われるかについては未定となっている。




金会長の挨拶で幕を開けた「Gravity, Global Playground 2005」。ブース内でプレイアブル出展されている『RO2』の発表に注目が集まった。

『RO』の運営、開発に携わってきた各メーカーの代表者らが登壇。グラヴィティの新たな第1歩を祝った。

こちらが『RO2』のイメージイラスト。グラフィックは3Dに変化しているが、親しみやすい雰囲気はそのままだ。





プロモーションのために作られたアニメーションムービー。『RO』のTVアニメは、日本のみならず各国で人気を集めているとのこと。





本作で選択可能な3種族(写真上から“Norman”、“Ellr”、“Dimago”)。“Norman”は前作の特徴を引き継ぎ転職でパワーアップ、“Dimago”はパーティプレイもソロプレイもこなせるなど、種族ごとに異なる魅力が用意されている。


■関連記事
2005年9月16日
韓国・グラヴィティ、ついに『ラグナロクオンライン2』を発表! 試遊台も多数用意

■関連サイト
グラビティ


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。