News

2006年11月14日(火)

米ソニック・ソルーションズがWiiの将来バージョンにDVDムービー再生機能を提供

 米ソニック・ソルーションズは本日11月14日、同社のDVDムービー再生機能「Sonic CinePlayer CE DVD Navigator」が、任天堂の次世代ゲーム機「Wii」の将来発売される新バージョンに採用されることを明らかにした。「Wii」の新バージョンは、2007年下半期にリリースされる予定。

 「Sonic CinePlayer CE DVD Navigator」は、ハリウッドの制作スタジオで広く採用されている技術と同様の技術に基づき設計された、ソフトウェアベースのDVD再生エンジン。さまざまなプラットフォーム向けに高い再生互換性を有しており、「アナモルフィック ワイド画面ビデオ」、「動画メニュー」、「マルチ ビデオ アングル」といった多彩な機能が搭載されている。
 ソニック・ソルーションズ 上席副社長兼アドバンストテクノロジーグループのジェネラルマネージャであるJim Taylor氏は、本発表のニュースリリースにて「任天堂の画期的なゲーム機に関わることは、非常に光栄であると共にソニックの技術の効率性、柔軟性、および信頼性の証です。ゲーム機は、ソニックのブランド品質とデジタル メディア アプリケーションのパワーを、数多くの潜在顧客に紹介するための新たな市場になります」と述べている。
 なお、「Wii」の新バージョンについては、DVDの再生が可能となること以外、詳細は未定となっている。

いよいよ12月2日に発売となる任天堂の次世代ゲーム機「Wii」。今回のソニック・ソルーションズの発表により、2007年下半期に新バージョンがリリースされることが明らかになった。

(C)2006 Nintendo

■関連サイト
ソニック・ソルーションズ ニュースリリース
ソニック・ソルーションズ
任天堂


注目記事

週間アクセスランキング

[集計期間2018年 10月13日~10月19日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。