News

2006年11月25日(土)

『シムズ』シリーズ最新作がWiiに!街をつくって育てる『ぼくとシムのまち(仮)』

 エレクトロニック・アーツは本日11月25日、任天堂が開催する「Nintendo World 2006 Wii体験会」にをあわせてメディア向け内覧会を行い、2007年発売予定のWii用ソフト『ぼくとシムのまち(仮)』を発表した。

 『シムズ』シリーズは、『シムシティ』の制作者である“ウィル・ライト”氏が生み出した、人生をシミュレーションする人気シリーズ。今回行われた内覧会では、そのシリーズ最新作である『ぼくとシムのまち(仮)』の発表にあわせてアメリカから上野正博プロデューサーとロビン・ハニキプランナーが来日し、プレゼンテーションを行った。

 『ぼくとシムのまち(仮)』は、今までのシリーズに比べて、キャラクターの見た目がかわいらしく親しみやすいことが特徴。プレイヤーは、キャラクター、住む家、家具などを自分で作ることができるため、自由なコーディネイトを楽しめるようになっている。
 また自分の操作するキャラクターだけにとどまらず、ゲーム内に登場する他のキャラクターや建物を制作することも可能。まさに自分好みの街を作り、育てていくことが楽しめる。
写真 写真
写真 写真

 今回会場にて、“キャラクターメイキング”と、“ハウスビルディング”を実際に体験することができた。以下でその様子を以下にお伝えしていく。
 “キャラクターメイキング”では、髪型、目、肌の色、髪の色、アクセサリーなど、パーツごとにキャラクターをカスタマイズ。現在は開発途中のためパーツの種類が少ないということだが、それでもかなり豊富にパーツが用意されており、多彩なキャラを作ることができた。
 またヌンチャクコントローラーを使うことで、カメラ視点の変更もでき、自分のキャラクターをさまざまな角度から見ることが可能となっていた。
写真 写真
写真 写真

 こちらが電撃オンラインスタッフが生み出したキャラクター。コンセプトは「貴族出身で学者志望のドラ息子」だ。
写真

 “ハウスビルディング”では、キャラクターたちの住む家を制作。こちらもベース(土台)、屋根、ドア、窓、煙突、かざりなど、各パーツごとにカスタマイズするシステムが採用されていた。パーツを選んだ段階で、それを設置できる場所が表示されるので、視覚的に分かりやすかった。一度完成した家でも、ゲームの途中でリニューアルすることもできるとのこと。
写真 写真
写真 写真

 今回建てたマイハウス。名づけて「電撃オンライン小屋」。写真のように1階と2階で壁の色を変えたりできるのも、自由度の高い本作ならではだろう。
写真


 上野氏、ロビン氏の両氏は、「『シムズ』シリーズは、さまざまなものをつくれるのが特徴。自分で何でもやれることを楽しんでもらいたい。これからも頑張って開発を進めていきます」と力強く語った。現在は開発中とのことで、参加したメディアからは「オンライン機能」や「自分で店を出したい」、「DSとの連動」など、こんなことができたら面白そうだという意見が飛び出した。上野プロデューサーによると、上記の要素についても検討中とのことなので、シリーズのファンは期待して続報を待とう。
写真



データ

※画面は開発中のもの。
(C)2006 Electronic Arts Inc.Electronic Arts, EA, the EA logo, The Sims, Maxis and the Maxis logo are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries.All rights reserved.All other trademarks are the property of their respective owners.EA(TM)and Maxis(TM)are Electronic Arts(TM)brands.

▼『ぼくとシムのまち(仮)』
■メーカー:エレクトロニック・アーツ
■対応機種:Wii
■ジャンル:SLG
■発売時期:2007年
■価格:未定

■関連サイト
『ぼくとシムのまち(仮)』ティザーサイト
エレクトロニック・アーツ


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。