News

2006年12月12日(火)

有名クリエイター勢ぞろいの生誕20周年記念発表会で『ドラゴンクエストIX』発表!

 本日12月12日、スクウェア・エニックスは都内にて「生誕20周年記念 新作発表会 ドラゴンクエスト~更なる冒険の世界へ~」と題した発表会を行った。

写真


 この発表会は、題名の通りスクウェア・エニックスの人気RPG『ドラゴンクエスト』の生誕20周年を記念したもの。はじめにシリーズの歴史を振り返るムービーが上映された後、作品の生みの親である堀井雄二氏が登場し、「20年前、『ドラゴンクエスト』の第1作を作ったとき、このシリーズをこれほど長くやれるとは思っていませんでした。多くのファンの方のおかげです、ありがとうございます」と挨拶。さらにスクウェア・エニックス プロデューサーの市村龍太郎氏より、現在発売が予定されているシリーズタイトルとして12月28日に発売されるDS用ソフト『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー』、2007年春に発売予定のWii用ソフト『ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔』が紹介された。

写真 写真 写真


 続いて会場では、シリーズの新作タイトルとしてアミューズメント施設向けカードゲーム『ドラゴンクエスト モンスターバトルロード』が発表。この『ドラゴンクエスト モンスターバトルロード』は、『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』に登場した闘技場「モンスターバトルロード」をモチーフにしており、シリーズに登場したモンスターたちのカードを使って対戦を行うゲーム。バトルは基本的に3対3の団体戦で展開し、多彩な技の応酬が楽しめる。さらに、筐体の中央に存在する剣を使った謎の要素も盛り込まれているとのことだ。2007年夏に稼動予定で、プレイ料金は1プレイ100円(税込)を予定。

写真 写真
写真 写真


 シリーズの新作も発表され、本日の発表会もこれで終了、と思われたが市村氏が「これだけで終わらせちゃまずいんじゃないですかね」と堀井氏に発言。これを受け、「それじゃ、そろそろいっちゃいますか」と堀井氏。満を持して、シリーズ最新のナンバリングタイトル『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』が発表された。

写真
写真 写真


 『ドラゴンクエストIX』は、DS用ソフトとして発売される『ドラゴンクエスト』シリーズ最新作。DSのワイヤレス機能を使用して、多人数の協力プレイが可能なタイトルとなっている。発売は2007年内の予定だ。
 堀井氏によると、「自分以外にも人間がいて一緒に冒険するという、ネットワークゲームというものに昔から興味を持っていたんですが、サーバの問題だとか敷居が高いじゃないですか。DSなら電源を入れるだけで簡単につながるんです」ということで、本作はDS向けに開発されることになったという。

 また、発表会にはシリーズのすべての音楽を作曲してきたすぎやまこういち氏と『ドラゴンクエストIX』の開発を担当するレベルファイブ 代表取締役社長の日野晃博氏が出席。さらに、シリーズのキャラクターデザインを担当してきた鳥山明氏からは、メッセージが送られた。以下に、それぞれのコメント、およびメッセージを紹介していく。

すぎやまこういち氏
「『ドラゴンクエスト』の音楽を手がけたことは、僕の作曲家人生の中で一番の大きなヒットだと思っています。今では、死ぬまでこのシリーズの音楽を作っていこうと考えています。堀井さんのすごいところは、常にゲームの改革者でいるところ。一番最初は、『ポートピア連続殺人事件』というアドベンチャーゲームでパソコンを誰でも遊べるものに大改革した。次に『ドラゴンクエスト』で、ゲームというものを誰でも遊べるように大改革した。そして今度は、ネットゲームという敷居の高いものを誰でも遊べるように大改革した。その改革をもたらすゲームのスタッフの一員になれることはとても大きな喜びで、今度も全力投球させてもらいます。」 写真

日野晃博氏
「僕自身『ドラゴンクエスト』のファンなので、『VIII』に続いて『IX』も担当することができて、非常にうれしく思っています。『VIII』はシリーズの中で、変化の第1段階。『IX』は変化の第2段階として、内容の部分が大きく変わることになります。ネットワークに対応ということで、新しい『ドラゴンクエスト』になっています。」 写真

鳥山明氏のメッセージ
写真


 さらに、ファンの代表として『VII』と『VIII』のTV-CMにも出演したSMAPの草彅剛氏が発表会に登場。堀井氏、すぎやま氏、日野氏、そして草彅氏の4人によって、『ドラゴンクエストIX』のデモプレイが行われた。

写真 写真
写真 写真

デモプレイの様子。本作では、装備を変更するとキャラクターのグラフィックも変化する。

※肖像権上の理由により、草彅氏の写真をWebで掲載することはできません。ご了承ください。



 デモプレイでは、DSのワイヤレス通信を使って4人協力プレイによる冒険が展開。本作では、これまでコマンド入力形式だった戦闘システムが一変し、フィールド上でモンスターと戦うアクション要素を取り入れている。
 4人はそれぞれ、堀井氏=勇者“ゆうぼん”、すぎやま氏=盗賊“すぎやん”、日野氏=僧侶“のっひー”、草彅氏=魔法使い“イッチー”を担当。各キャラクターが協力することで、ゲームを進めていくことができるようだ。パーティを組んでいても各キャラクターが自由に移動することができるため、デモプレイでは日野氏が迷子になるという事態が発生するものの、最終的には全員で洞窟を探索することに成功。洞窟の奥に待ち構える巨大なモンスターに出会ったところで、プレイは終了となった。

 発表会の最後には、スクウェア・エニックス代表取締役社長の和田洋一氏が登場。「『ドラゴンクエスト』は、みなさまに愛され続けて20年が経ちました。『ドラゴンクエストIX』は、少しでも多くのお客さまに楽しんでいただくというシリーズの思想のもと、DSというハードで発売することとしました。これで終わりではなく、今後も10年、20年といろいろなお客さまに愛していただけるように、がんばっていきます」と挨拶し、発表会を締めくくった。

写真 写真

発表会終了後には、スクウェア・エニックス代表取締役社長の和田氏、および会場を訪れていた任天堂代表取締役社長の岩田聡氏に話をうかがった。岩田氏は、「『ドラゴンクエスト』の正統なナンバリングタイトルが携帯ゲーム機で発売されることに、感慨を感じます。ハードメーカーとしては、より多くの方が遊べるようにハードの数をそろえることが役割だと思っています」とコメントしていた。 写真



データ

(C)2007 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)2007 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/LEVEL-5/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

▼『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:DS
■ジャンル:A・RPG
■発売日:2007年発売予定
■価格:未定

▼『ドラゴンクエスト モンスターバトルロード』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:AC
■稼動時期:2007年夏
■プレイ料金:1プレイ100円(税込)

▼『ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:Wii
■ジャンル:ACT
■発売日:2007年春
■価格:未定

▼『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:DS
■ジャンル:RPG
■発売日:2006年12月28日
■価格:5,040円(税込)

■関連サイト
スクウェア・エニックス


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。