News

2006年2月20日(月)

2年ぶりの『FF』オーケストラ・コンサート日本公演!植松氏のインタビューも掲載

 2月18日、スクウェア・エニックスの人気RPG『ファイナルファンタジー』シリーズのオーケストラ・コンサート「VOICES music from FINAL FANTASY」がパシフィコ横浜・国立大ホールで開催された。

 2004年3月~4月に全国ツアーとして開催された「TOUR de JAPON music from FINAL FANTASY」に続き、約2年ぶりの日本公演となる今回のオーケストラ・コンサート。前回に引き続き、シリーズの楽曲を手がけた植松伸夫氏が製作総指揮と司会を担当し、指揮はアーニー・ロス氏、演奏はプリマビスタ・フィルハーモニック・オーケストラとなっていた。アーニー・ロス氏は、昨年の「Electronic Entertainment Expo 2005(E3 2005)」開催期間中に米ロサンゼルスで行われた『FF』オーケストラ・コンサートでも指揮を担当しており、今回は特別に来日しての公演となった。
 また、会場となったパシフィコ横浜・国立大ホールでは、3月7日にサントリーから発売される清涼飲料「ファイナルファンタジーXII ポーション」の試飲会も実施。多くのファンが詰め掛け、「FFXII ポーション」の爽やかな味わいを確かめていた。

 「VOICES music from FINAL FANTASY」は、題名の通り“VOICE(声)”をテーマにしたコンサートで、『FF』シリーズの多数の名曲の中でも特にボーカル楽曲にスポットを当てたプログラム構成で進行。シリーズの中でボーカル楽曲を唄っているアンジェラ・アキさんや白鳥英美子さん、RIKKIさん、増田いずみさんといったアーティストがゲストとして出演し、その歌声を披露した。
 他にも、今回初お披露目となる“モーグリーズ”による声だけで音楽を奏でる「ファイナルファンタジー・ドゥワップ・メドレー」、『ファイナルファンタジーVI』に登場したオペラ「マリアとドラクゥ」など、既存のオーケストラ・コンサートのイメージにとらわれない、多彩な楽曲が用意されていた。
 盛りだくさんな内容のコンサートの最後を飾るアンコール曲は、シリーズのファンにはおなじみの「スウィング de チョコボ」と「ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン(以下、FFVII AC)」から「再臨:片翼の天使」の2曲。最後の演奏となった「再臨:片翼の天使」は、植松伸夫氏率いるロックバンド「THE BLACK MAGES」とオーケストラのコラボレーション演奏、ステージ天井のスクリーンに映し出される「FFVII AC」の映像など、さまざまな演出が盛り込まれており、ファンのテンションが最高潮に。約5,000人の観客が総立ちになって手拍子を打つという、まるでロックコンサートのような盛り上がりを見せた。

 コンサート終了後、植松氏が合同インタビューに応じてくれたので、以下にその様子をお伝えしていく。

――まずは、コンサートの感想をお聞かせください。

植松伸夫氏(以下、植松氏):すばらしかったですね。オーケストラのインストゥルメンタルの曲ばかりだと、ファンに馴染んでいないと思うので、歌モノに焦点を当てて演奏曲を選びました。今回は歌モノばかりだったので、飽きずに聴けたんじゃないかと。僕自身、インストゥルメンタルだけだと眠くなっちゃうんですよね(笑)。レパートリーも新しい曲を多くしました。帰っていく皆さんの表情を見ていると、喜んでいただけたんじゃないかと思います。

――選曲のポイントは?

植松氏:歌を中心にしたんですが、ソロシンガーの曲が10曲も続いちゃうと、その場合も単調になっちゃうんじゃないかと思いまして。今回は、ソロシンガーにゲストに来ていただき、合唱あり、ドゥワップあり、オペラありとやりたい放題やっちゃいました。

――アンコール曲「再臨:片翼の天使」は、オーケストラとロックバンドの融合という、非常に豪華な楽曲でしたが。

植松氏:オーケストラとロックバンドと合唱を一緒にした、どういう風に混ざっていくのかという実験ですよね。音楽のジャンルによって、大事にするものって違ってくるんですよ。たとえばオーケストラの打楽器は、リズムというよりも低音の色合いを描いていく楽器だと思うんですよね。だけどロックバンドのドラムやベースは、低音を描くというよりも、リズムを前に前に進めていくことが大事なんですよ。だから、ロックバンドの低音部分とオーケストラの低音部分は、キャラクターがかぶっていないんです。うまく配合させれば、ロックのリズムで前に進めて、色合い的にオーケストラの低音を混ぜることができると思っていたんです。今まで、そういう音楽に出会ったことがないので、自分たちなりに試してはいるんですけど、まだ完璧じゃないです。今回やってみたことで、色々な反省点が見えてきたので、次はバランスよくできるんじゃないでしょうか。

――2年ぶりの日本公演でしたが、この時期を選んだ理由はありますか?

植松氏:オーケストラ・コンサートは毎年やると、飽きちゃうんじゃないかというのが自分の中でありまして。こういったオーケストラと「THE BLACK MAGES」のライブを交互にやっていくのが、ファンに飽きられないペースじゃないかと思っています。『FFXII』の発売に合わせて、というのも考えました。ちょうど「Kiss me good-bye」も発売されますし。

――今後のコンサート活動の予定は?

植松氏:海外での展開は、本当は昨年に実現させる予定だったんですが、スケジュール調整とかいろいろな理由でできなかったんです。昨年はパリとスコットランドとドイツで考えていました。そういうところでも、今後はやっていきたいですね。「THE BLACK MAGES」は録音が終わったら、プロモーション展開をスタートしていく予定です。時間やお金が許すなら、日本各地で公演を行いたいんですがね。今回も横浜・大阪の2カ所でやろうと考えていたんですが、スケジュールの調整がつきませんでした。気持ちの上では、聴きたいという人がいれば、いつでもどこにでも行きたいと思っています。

――ありがとうございました。






“声”をテーマに、さまざまな楽曲が演奏されたオーケストラ・コンサート「VOICES music from FINAL FANTASY」。多彩な照明効果、スクリーン上に流れるゲームムービーと、オーケストラ・コンサートにこだわらないさまざまな演出が盛り込まれていた。

公演の開始前には、シリーズ最新作『ファイナルファンタジーXII』の出演声優陣によるトークイベントも実施。発売まで1カ月を切った本作をアピールした。

コンサート終了後にインタビューに応えてくれた植松氏。昨年の米ロサンゼルスコンサートでは作務衣姿だったが、今回は羽織袴での登場。


データ

■「VOICES music from FINAL FANTASY」演奏曲リスト
<第一部>
01.「プレリュード」(『ファイナルファンタジー』シリーズ)
作曲:植松伸夫 編曲:宮野幸子
02.「Liberi Fatali」(『ファイナルファンタジーVIII』)
作曲:植松伸夫 作詞:野島一成 編曲:浜口史郎
03.「フィッシャーマンズ・ホライズン」(『ファイナルファンタジーVIII』)
作曲:植松伸夫 編曲:宮野幸子/浜口史郎
04.「祈りの歌」(『ファイナルファンタジーX』)
作曲:植松伸夫 作詞:野島一成 編曲:浜渦正志
05.「素敵だね」(『ファイナルファンタジーX』)
歌:RIKKI 作曲:植松伸夫 作詞:野島一成 編曲:浜口史郎
06.「ファイナルファンタジー・ドゥワップ・メドレー」
歌:モーグリーズ 作曲:植松伸夫 編曲:高尾直樹
07.「いつか帰るところ~Melodies of Life」(『ファイナルファンタジーIX』)
歌:白鳥英美子 作曲:植松伸夫 作詞:CIOMI 編曲:浜口史郎
08.「ファイナルファンタジー」(『ファイナルファンタジー』シリーズ)
作曲:植松伸夫 編曲:浜口史郎

<第二部>
01.「プリマビスタ楽団」(『ファイナルファンタジーIX』)
作曲:植松伸夫 編曲:宮野幸子
02.「約束の地」(「ファイナルファンタジーVII アドベント・チルドレン」)
作曲:植松伸夫 作詞:野村哲也 編曲:福井健一郎
03.「オープニングテーマより 石の記憶~Distant Worlds」
歌:増田いずみ 作曲:植松伸夫 作詞:佐藤弥詠子 編曲:宮野幸子/浜口史郎/水田直志
04.「Eyes On Me」(『ファイナルファンタジーVIII』)
歌/ピアノ:アンジェラ・アキ 作曲:植松伸夫 作詞:染谷和美 編曲:松岡モトキ/アンジェラ・アキ
05.「Kiss me good-bye」(『ファイナルファンタジーXII』)
歌/ピアノ:アンジェラ・アキ 作曲:植松伸夫 作詞:アンジェラ・アキ 編曲:宮野幸子/福井健一郎
06.オペラ「マリアとドラクゥ」(『ファイナルファンタジーVI』)
メゾ・ソプラノ:太田悦世 テノール:渡邊澄晃 バス:小田川哲也
作曲:植松伸夫 作詞:北瀬佳範/植松伸夫 編曲:浜口史郎

<アンコール>
01.「スウィング de チョコボ」(『ファイナルファンタジー』シリーズ)
作曲:植松伸夫 編曲:アーニー・ロス
02.「再臨:片翼の天使」(「ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン」)
作曲:植松伸夫 作詞:野村哲也 ラテン語:山下太郎 編曲:浜口史郎 バンドアレンジ:福井健一郎 バンド演奏:THE BLACK MAGES
※以上、敬称略

■関連サイト
「VOICES music from FINAL FANTASY」詳細ページ
植松伸夫氏公式サイト「植松伸夫です。」
スクウェア・エニックス


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。

ゲーム実況エクストリーム
再生数ランキング(01/18~01/24)

  1. 1

    【荒野行動】本当は教えたくないこれを知らない人が負ける絶対にしてはいけないことを解説実況!! ソロ10キルドン勝したったww【荒野行動/Knives Out実況:プレゼント企画】

  2. 2

    【モンスト】無課金プレイを続けるターザン馬場園がモンスターBOXを公開!

  3. 3

    【スマホ版PUBG】日本実況で初めて1vs99人のゾンビモードを荒野行動でやったら想像を絶する楽しさだったんだがww【荒野行動 KNIVES OUT実況 アプデ】

  4. 4

    【スマホ版PUBG】100人一列に並べて新武器スナイパーSVD&Karでヘッドショットすると貫通するのか検証してみた結果ww【荒野行動 KNIVES OUT実況 アプデ】

  5. 5

    【スマホ版PUBG】最新アプデでMP5が強化? アプデ内容の弾道修正がマジでヤバすぎたんだがww 開幕無双して12人倒すも...【荒野行動 KNIVES OUT実況 アプデ】

  6. 6

    【スマホ版PUBG】最新アプデで最強AR"Groza"が実装されるかも!? 今後追加されるであろう新武器を紹介!! AWMサプギリーが最強すぎてドン勝!!【荒野行動 KNIVES OUT実況 アプデ】

  7. 7

    【スマホ版PUBG】最新アプデでAK-47が強化!! 強くなりすぎてる気がするんですけど....アプデ前と性能比較!!【荒野行動 KNIVES OUT実況 アプデ】

  8. 8

    【モンスト】ついにガチャのアレが明らかに!星天のメソポタミア神記98連!

  9. 9

    【スマホ版PUBG】最終アンチの橋が激戦区すぎてやばいww強ポジや気をつけることを解説しつつ10キルドン勝!!【荒野行動 KNIVES OUT実況 アプデ】

  10. 10

    【モンスト】爆絶ニライカナイで検証!マルドゥークの新友情クロスウェーブは強いのか!?