News

2006年3月16日(木)

SHIBUYATSUTAYAで『FFXII』発売カウントダウン!初回出荷本数は200万本以上

 本日3月16日、スクウェア・エニックスのPS2用ソフト『ファイナルファンタジーXII(以下、FFXII)』が発売される朝7:00にあわせ、SHIBUYA TSUTAYAで発売記念カウントダウンイベントが行われた。

 イベント開始前の店頭には、いち早く『FFXII』をプレイしたいというファン約200人が集合。7:00からのソフト販売開始を待ちわびていた。
 イベントには、スクウェア・エニックス代表取締役社長の和田洋一氏、『FFXII』エグゼクティブプロデューサーの河津秋敏氏が参加。和田氏は「朝早くから集まっていただき、ありがとうございます。寒い中並んでいただきましたが、きっと後悔しないと思います」と挨拶。続けて「『FFXII』は広大なマップが隅から隅まで美しく作りこんであるなど、非常によくできています。骨太な本格派なゲームに仕上がっており、壮大な建造物のような大作になっているので、ぜひ楽しんで欲しいと思います!」とその魅力をアピールしていた。一方の河津氏は本作について「非常に長い時間、膨大な人員をかけた本当の意味での大作になっているので、その部分をじっくり堪能してもらえればと思います」と、長期にわたる開発を経てついに発売日を迎えた喜びを語った。

 また、会場では『FFXII』の挿入歌を唄うアンジェラ・アキさんと、メインテーマ曲の作曲を担当した葉加瀬太郎氏からのビデオメッセージも公開。2人は、「挿入歌「Kiss Me Good-Bye」は、植松(伸夫)さんのメロディと私の詩のコラボレーションが実現した曲です。初めてメロディを聴いた時は“なんて壮大なバラードなんだろう”と思い、すごく感動しました。広がりのあるイメージですがどこか切ないメロディから、刺激を受けながら歌詞を付けたので、ぜひ皆さんにも聴いてもらいたいです。夕方に予定されているSHIBUYA TSUTAYAのプレミアム・ライブでは気合入れてがんばります!(アンジェラさん)」、「発売おめでとうございます。この日を待ち望んでいたファンの皆さんも今か今かと楽しみにされていることとと思います。僕は長い年月をかけてこのプロジェクトに関わってきたのですが、2年前に作曲の依頼を受けてから、時間をかけてゲームを作っていくということを身にしみて体感しました。購入した皆さんは、これから寝る時間も惜しんでプレイすることと思いますが、実はメインテーマ曲「交響詩 “希望”」がゲーム内のどのシーンで流れるのか、僕自身も知らないんです。ゲームをどんどん進めていけば必ず出会える曲なので、ぜひ楽しみにしていてください(葉加瀬氏)」と、それぞれ発売日を祝うメッセージを送っていた。

 店内では『FFXII』が発売となる7:00に向けて10秒前からカウントダウンが行われ、いよいよ販売がスタート。同店舗での『FFXII』購入者第1号となった男性は、「『FFX』が今までで一番好きな作品なので、それを上回る作品であることに期待しています」と話しており、これに対して和田氏は「期待通りですよ!!」と力強く応えていた。
 ちなみに、3人目の購入者となった男性は、2003年3月にSHIBUYA TSUTAYAで行われた『FFX-2』発売のカウントダウンイベントで1番に購入したという人物。全国のファンからのメッセージを代弁したいとして、和田社長に直接「PS3で『FFVII』のリメイク版を出してください」と伝えると、会場からは「おお~」というどよめきとともに大きな拍手が沸き起こっていた。和田氏は「ものすごく難しいですが、検討させていただきます」と苦笑いしながら返答し、突然の要望に驚いた様子だった。

 カウントダウンイベント終了後には、和田氏と河津氏への質疑応答が行われ、和田氏は『FFXII』の初回出荷本数が200万本以上であることを明らかにした。多くのファンが待ち焦がれたシリーズ最新作なだけに、今後の販売本数にも注目したいところだ。



SHIBUYA TSUTAYAの店内は壁面や天上など一面にポスターなどが貼られ、『FFXII』一色。カウントダウンイベント用のステージ上には、“ジャッジマスター”の等身大フィギュアも設置。

カウントダウンイベントに駆けつけた和田氏は、開口一番に「朝早くから集まってくださってありがとうございます。今日は晴れてよかったですね」と挨拶。本作のできばえについては、「PS2史上の記録的な名作になっております」と自信満々の様子。

河津氏は「実は2000年の発表会で『FFXII』の開発を明らかにしたのですが、当時はオンラインゲームとアナウンスしていたんです。それが途中でオフラインのパッケージソフトに変更になり、ようやくできあがりました」と開発にまつわるエピソードを披露。



『FFXII』に楽曲を提供しているアンジェラさん、葉加瀬氏からのお祝いメッセージ。葉加瀬氏のメインテーマ曲がどの場面で流れるかについては和田氏も「秘密です」とのことなので、ファンはさっそく自分の手で確かめて欲しい。





ステージ上のモニターには、カウントダウン時に歴代の『FF』シリーズタイトルのロゴが登場。そして7:00より、いよいよソフトの販売が開始!

SHIBUYA TSUTAYAにおける1人目の『FFXII』購入者は、なんと前日夜6:00から並んでいたという男性。



店頭では、ソフト購入者を対象に同店舗で18:00より行われる「プレミアム・ミニライブ」の抽選会を実施。「プレミアム・ライブ」には、アンジェラ・アキさん、挿入歌の作曲を担当した植松伸夫氏が出演する。


データ

▼『ファイナルファンタジー XII』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS2
■ジャンル:RPG
■発売日:発売中(2006年3月16日)
■価格:8,990円(税込)
※プレイステーション・ドットコム・ジャパンの販売価格:7,880円(税込)
※Amazonの販売価格:7,911円(税込)
※TSUTAYA onlineの販売価格:8,090円(税込)

■『ファイナルファンタジー XII』の購入はこちら
プレイステーション・ドットコム・ジャパン
Amazon
■関連記事 2006年3月16日
『FFXII』ついに発売! 秋葉原ではユーザーの期待を示す好調な滑り出し

■関連サイト
『ファイナルファンタジー XII』公式サイト
スクウェア・エニックス


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。