News

2006年3月2日(木)

「ニンテンドーDSLite」、早くも品切れ続出!都内ショップの販売状況をレポート

 本日3月2日、ニンテンドーDSの上位モデル「ニンテンドーDS Lite」が発売となった。従来モデルのニンテンドーDSは、さまざまなユーザー層から人気を集め、年末年始以降品薄状態が続いていただけに、上位モデルの登場にも注目が注がれるところ。ここでは、秋葉原、池袋、渋谷、新宿といった都内各地の販売状況をお伝えしていこう。

■「ニンテンドーDS Lite」発売レポート 秋葉原編
入荷台数が少ないため、各店舗ごとに異なる行列対応策を実施。


 新たなゲームハードが発売されるたび、街中が活気づく電脳都市・秋葉原。「ニンテンドーDS Lite」は入荷台数にも限りがあるため、発売時には混乱の発生も懸念されたが、ゲーム販売店ごとに行列への対応策を展開したため、街は比較的早い段階で落ち着いた状態になっていた。

 まず名実ともに秋葉原最大の総合電気店となった「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」では、早朝の段階で長大な行列が発生した。「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」は500台近くの入荷台数を確保していたとのことだが、早々に行列が規定数に達したため、早売りを実施。店舗開店前の8:00には完売となり、行列も解消されていた。
 次に発売前に予約を受け付けていた「ソフマップ本店」は、やはり予約の段階で完売。発売当日の早朝には行列はできず、はやく手に入れたいという予約者が数人店舗前で開店を待つ状況となった。
 最後に「LaOX ASOBITCITY 1号館」は、開店前に入荷台数分の整理券を配布することで行列に対応。正確な入荷台数は明かされなかったが、50名ほどの整理券を入手した購入者が行列を作っていた。

少ない入荷台数による混乱を避けるため、それぞれ異なる対応策をとった秋葉原のゲーム店舗。写真・上段左は「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」、上段右は「ソフマップ本店」、下段は「LaOX ASOBITCITY 1号館」。


■「ニンテンドーDS Lite」発売レポート 池袋編
池袋ビックカメラ本店には600人を超える長蛇の列。


 池袋ビックカメラ本店でも、早朝から「ニンテンドーDS Lite」の販売を待つ人の列ができ、開店の1時間前には約400人の行列となった。そのため、販売は予定時間を30分前倒しにしての9:30に開始。それからまもなく初回入荷分は完売となったが、最終的には600人以上の行列ができていた。ちなみに、行列の先頭にいた男性は前日の19:00過ぎに並び始めたとのこと。
 開店予定時間にあわせて来た人は残念ながら購入できない様子で、完売が告知されたあとも、「次回入荷はいつごろになりますか?」と店頭スタッフに尋ねる人が後を絶たなかった。次回の入荷は決まっておらず、買えなかった人は残念そうに帰る姿が多々目についた。

池袋ビックカメラ本店で「ニンテンドーDS Lite」の販売を待つ人の列は、地下道(WE ROAD)まで届いた。待っている人の中には「ニンテンドーDS」で遊んでいる人の姿も。


「ニンテンドーDS Lite」販売開始後の様子と購入者たち。購入後はうれしそうにマスコミの取材を受けていた。


■「ニンテンドーDS Lite」発売レポート 渋谷編
早朝には行列が初回入荷分に到達、開店前には完売


 若者の街・渋谷で筆者が向かった先は、「SHIBUYA TSUTAYA」と「ビックカメラ 渋谷ハチ公口店」の2店舗。まず「SHIBUYA TSUTAYA」では、昨夜未明に「3月2日発売「ニンテンドーDS Lite」、当店の入荷数は15台です」という張り紙で初回入荷台数を告知していたため、始発が動き出す時刻にはすでに行列が15名に到達していた。
 一方、「ビックカメラ 渋谷ハチ公口店」では、開店時刻となる10:00前に約50人ほどの行列ができていた。しかしながら、こちらも開店時刻前には行列の人数が初回入荷台数の販売台数に到達。両店舗とも特に大きな混乱もなく、営業が開始されたが、開店時刻の前には各店頭スタッフに「DS Liteはもう買えませんか?」と問い合わせる声がひっきりなしに相次ぎ、同ゲーム機の人気の高さを見せ付けていた。
 なお、両店舗ともニンテンドーDS Liteの次回入荷は未定で、現時点では予約を受け付けていない。

「SHIBUYA TSUTAYA」の開店前風景。ニンテンドーDS Liteの初回入荷台数は15台と少なめ。


「ビックカメラ 渋谷ハチ公口店」では、営業開始前に約50人ほどが列を作っており、最後尾のスタッフに購入が可能かどうか問い合わせる人の姿も多く見られた。



■「ニンテンドーDS Lite」発売レポート 新宿編
 秋葉原同様、8:00前には整理券の配布が終了し、初回入荷分は完売


 新宿ヨドバシカメラ ゲーム・ホビー館は、9:30からの販売が予定されていたが、早朝から400人以上が並ぶ大行列。この長蛇の列を見かねて8:00頃には販売が開始された。同店では、早い段階から割り込み防止用整理券が配布され、8:00前には450枚整理券の配布が終了。規定数に達したため、この時点で「ニンテンドーDS Lite」は完売となった。8:00過ぎに同店に到着した人は、完売のアナウンスを聞いて「はやすぎる……」、「もう!?」と言葉を発し、哀愁を漂わせて帰路に着いていたのが印象的だ。
 今回のクリスタルホワイトの「ニンテンドーDS Lite」の店頭販売は450台ほどで、次回の入荷は未定。3月11日にはアイスブルー、エナメルネイビーの2色が発売となるが、新宿ヨドバシカメラでは、本日同様「9:30からの販売を予定していますが、並びの状況を見て販売時間を前倒しします」とのこと。次の2色の入荷台数は未定で、さらに土曜日の販売ということもあって、3月11日も長蛇の列ができることは間違いなさそうだ。

販売台数は450台とやはり品薄感を漂わせる「ニンテンドーDS Lite」のクリスタルホワイト。新宿ヨドバシカメラでは、早朝8:00前には整理券の配布も終了し、早々に完売となった。



データ

▼「ニンテンドーDS Lite」(クリスタルホワイト)
■メーカー:任天堂
■発売日:発売中(2006年3月2日)
■価格:16,800円(税込)
■サイズ/重量:横133mm×縦73.9mm×厚さ21.5mm/重量218g
※参考までに従来モデルのサイズは横148.7mm×縦84.7mm×厚さ28.9mm、重量は275g、価格は15,000円(税込)。

▼「ニンテンドーDS Lite」(アイスブルー、エナメルネイビー)
■メーカー:任天堂
■発売日:2006年3月11日
■価格:16,800円(税込)
■サイズ/重量:横133mm×縦73.9mm×厚さ21.5mm/重量218g
※参考までに従来モデルのサイズは横148.7mm×縦84.7mm×厚さ28.9mm、重量は275g、価格は15,000円(税込)。
■関連記事
2006年3月2日
任天堂、「ニンテンドーDS Lite」、「ニンテンドーDS」の3月分の出荷は計65万台以上

■関連サイト
任天堂


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。