News

2006年4月11日(火)

“ゲームセンターあらし”が「i-revoゲーム」の魅力を紹介!書き下ろしマンガ連載中

 インターネットレボリューションが運営する総合ポータルサイト「i-revo」のゲームコンテンツ「i-revoゲーム」で、漫画家・すがやみつる氏による書き下ろしマンガ「あらしで分かる! i-revoゲーム・ゲームセンターあらし」が連載されている。

 「あらしで分かる! i-revoゲーム・ゲームセンターあらし」では、毎月8ページにわたって“あらし”とその仲間たちが「i-revoゲーム」の魅力や楽しい使い方を紹介。連載期間は2006年3月~8月までの全6回で、毎月中旬頃に更新される予定となっている。

 「i-revoゲーム」では、ファミコンやMSX、PCエンジンなどで人気を博した名作ゲームをPCでプレイすることができる。ゲームのジャンルは、シューティングやアクション、RPG、パズル、スポーツなど多岐にわたり、さまざまなレトロゲームがレンタル、ダウンロード形式で購入可能だ。
 サイトでは新たなラインナップとしてファミコン版、MSX版、PCエンジン版の『沙羅曼蛇』が追加された他、ファミコン版『グラディウス』の無料レンタルも実施中。『グラディウス』の無料レンタル版は、サイトの会員登録のみで遊ぶことができるので、さっそく試してみるといいだろう。

1978年に連載開始となった「ゲームセンターあらし」は、“石野あらし”というゲーム好きの少年が主人公。日本初のゲームマンガとして人気を博した。

(C)すがやみつる 2006 (C)1985 1991 KONAMI

■関連サイト
「i-revo」
「i-revoゲーム」
インターネットレボリューション
コナミ


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。