News

2006年5月13日(土)

主観視点RPGの最新作が4年9カ月ぶりに登場! 『KING’SFIELDADDITIONALI』

 フロム・ソフトウェアは、PSP用ソフト『KING’S FIELD ADDITIONAL I(キングスフィールド アディショナル 1)』を7月20日に発売する。価格は3,990円(税込)。

 『KING’S FIELD』は、1作目が同社の家庭用ゲームソフト第1弾として発売された3DグラフィックのRPGシリーズ。3DのRPGとしては斬新な主観視点のゲーム画面と、自由度の高いゲーム展開が根強いファンの支持を集め、これまでにPSとPS2で計4タイトルがリリースされた。

 『KING’S FIELD ADDITIONAL I』は、2001年10月にPS2用ソフトとして発売された『KING’S FIELD IV』以来、約4年9カ月ぶりとなるシリーズ最新作。『KING’S FIELD ADDITIONAL』は2部作構成となっており、8月24日には『II』の発売が予定されている。両作品の間ではデータの引継ぎが可能で、『I』で入手したアイテムを『II』で使用することができたり、主人公の『I』での行動が『II』に影響を及ぼしたりといった連動要素が盛り込まれている。さらに、2つの作品をクリアしたプレイヤーのみ見ることができる真のエンディングストーリーも用意されているという。

 ゲームシステムは、これまでのシリーズタイトルを踏襲した、アクション要素が強い主観視点のRPG。プレイヤーは、武器の間合いや攻撃間隔、範囲などをリアルタイムで判断しながら、モンスターと戦い、数々のトラップが隠されたフィールド上を冒険していくこととなる。
 舞台は、PS版『KING’S FIELD III』から10年後の世界。シリーズ1~3作目は、「ヴァーダイト篇」と呼ばれる一連のストーリーが展開されており、今回発売される『ADDITIONAL I』、『II』をもってその壮大なストーリーは完結を迎える。かつて迷宮で孤独な戦いを繰り広げた経験がある人はもちろん、これまでに『KING’S FIELD』をプレイしていなくとも歯ごたえのあるゲームを求めている人はぜひプレイしてみてはいかがだろうか。



PSPにプラットフォームを移し、2カ月連続でリリースされる『KING’S FIELD ADDITIONAL』。「ヴァーダイト篇」が完結となるファン待望の2部作だ。

静止画調のグラフィックで構成された街の風景も確認でき、ダンジョンのみならず街中でも探索が可能に!?





3Dグラフィックで新たに描き起こされたダンジョン内では、さまざまなトラップや凶暴な魔物が待ち受ける。



『I』と『II』の両方をプレイしなくても十分楽しめるが、2つの物語を辿ることでプレイヤーは本当の真実を目の当たりにすることができるという。

(C)2006 FromSoftware, Inc. All rights reserved.
※画面は開発中のもの。

データ

▼『KING’S FIELD ADDITIONAL I』
■メーカー:フロム・ソフトウェア
■対応機種:PSP
■ジャンル:RPG
■発売日:2006年7月20日
■価格:3,990円(税込)

▼『KING’S FIELD ADDITIONAL II』
■メーカー:フロム・ソフトウェア
■対応機種:PSP
■ジャンル:RPG
■発売日:2006年8月24日
■価格:未定

■関連サイト
フロム・ソフトウェア


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。