News

2006年6月22日(木)

ラクラクWeb閲覧!「ニンテンドーDSブラウザー」が7月24日に発売

 任天堂は、DS向けインターネットブラウザーソフト「ニンテンドーDSブラウザー」を7月24日に発売する。パッケージは、ニンテンドーDS向けと、ニンテンドーDS Lite向けの2種類が用意されており、価格は各3,800円(税込)。任天堂公式サイトなどでの通信販売のみの取り扱いとなる。

 「ニンテンドーDSブラウザー」は、今年2月に行われた「ニンテンドーDS カンファレンス! 2006.春」で発表されたDS向けのインターネット閲覧用ソフト。Opera Software社のWebブラウザー「Opera」に、タッチパネルや2画面といったDS独自のアレンジが施されており、Wi-Fiステーションやフリースポットといった無線LAN環境があれば、DSを使用してインターネットに接続し、Webサイトの閲覧が可能となっている。フラッシュやPDF形式ファイルが用いられたWebサイト、動画、サウンドは対応していない。

 本ソフトでは、タッチパネルによるキーボード入力(かな文字/英字)、およびタッチペンでの手書き入力(ひらがな、カタカナ、漢字)に対応。画面の倍率変更機能も備えており、通常は上画面にwebサイトの拡大ページ、下画面に縮小ページが表示される。さらに「画面切替」アイコンをタッチすることによって、上下画面を入れ替えることモ可能だ。
 表示モードには、上下画面に1つのページが表示される「縦長モード」も用意。この「縦長モード」では、表示内容をDS本体の2画面にあわせ、縦1列で表示されるよう、自動で調整されるという。倍率変更機能では、50%、80%、100%、120%、150%の5段階で表示の拡大・縮小を調節することができる。

また、「ニンテンドーDSブラウザー」には未成年者でも安心して使用できるように、本ソフトを起動させる際にパスワード入力が必要な「デバイスロックサービス」を搭載している他、有害サイト遮断サービスによって不適切と感じられるサイトのみをブロックする「ペアレンタルロック機能」にも対応。必要に応じて2種類のロックシステムを活用することができる。
ニンテンドーDSブラウザー

ニンテンドーDSブラウザー

ニンテンドーDSブラウザー
タッチパネルでのキーボード入力、タッチペンでの文字入力など、DS本体の特徴をいかした簡単な操作方法が採用されている「ニンテンドーDSブラウザー」。
ニンテンドーDSブラウザー

ニンテンドーDSブラウザー

ニンテンドーDSブラウザー
「ニンテンドーDSブラウザー」には、履歴、URL入力、ブックマーク、検索、画面切替、画像のON/OFF、倍率変更、ページジャンプといったアイコンを用意。「画面切替」では、このように上下2画面での表示を変更することができる。
ニンテンドーDSブラウザー
倍率変更アイコンでは、50%、80%、100%、120%、150%の5段階で表示を変更することが可能。

(C)2006 Nintendo
(C)2006 Opera Software ASA.

データ

▼「ニンテンドーDSブラウザー」(ニンテンドーDS版/ニンテンドーDS Lite版)
■メーカー:任天堂
■対応機種:DS
■発売日:2006年7月24日
■価格:3,800円(税込)
※ニンテンドーDS版は、DSカード+DSメモリー拡張カートリッジのセット、ニンテンドーDS Lite版はDSカード+DS Liteメモリー拡張カートリッジのセット。

■関連サイト
任天堂


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。