News

2006年8月2日(水)

ネットワーク上の遊園地の正式サービススタート!「ガンホーゲームズ」発表会

 ガンホー・オンライン・エンターテイメント(以下、ガンホー)は本日8月2日、都内・渋谷「O-EAST」にて総合コミュニティポータルサイト「ガンホーゲームズ」の正式サービスに関するプレスカンファレンスを開催した。

 「ガンホーゲームズ」は、ガンホーとジー・モードの合弁会社「ガンホー・モード」が運営するポータルサイト。「オンライン遊園地!」をテーマに、現在ガンホーがサービスを提供しているPC用オンラインゲーム、新規カジュアルゲームやアバターサービス、コミュニティサービスなどが楽しめる。利用料は基本的に無料だが、一部のゲームコンテンツ、アイテムに関しては有料となる。

 本日開催されたプレスカンファレンスには、ガンホー代表取締役社長兼ガンホー・モード代表取締役社長の森下一喜氏、ジー・モード代表取締役社長兼ガンホー・モード取締役の宮路武氏が出席。森下氏は、まずはじめに「ガンホーはやる気のある会社、がむしゃらな会社という意味を込めた社名です。これからもなにがあってもその歩みを止めず、前に進んでいきます」と、今後の意気込みを語った。
 また、会場にはパートナーとして「ガンホーゲームズ」の運営に関わっていく企業として、イー・トレード証券取締役執行役員常務の佐藤義仁氏、プライム代表取締役社長の田端一宏氏、ブロッコリー代表取締役会長の木谷高明氏、そしてゲームアーツ 代表取締役社長の宮路洋一氏が登場し、それぞれ挨拶を行った。
 さらにカンファレンスでは、8月3日14:00よりスタートする正式サービスにあわせ、新たに「ガンホーゲームズ」に追加されるサービスの内容が発表された。

 まず、「ガンホーゲームズ」で提供されるゲームコンテンツとしては、オセロやポーカー、大富豪など、約20タイトルの定番カジュアルゲームの他、ガンホーのオンラインゲーム『ラグナロクオンライン』をモチーフにしたパチスロ『ラグナロクオンラインスロット』や、MMORPG『EMIL CHRONICLE ONLINE(エミル・クロニクル・オンライン)』のキャラクターが登場するパチンコ『CR エミル・クロニクル・オンライン』、MMORPG『TANTRA』の雰囲気が満載の花札『こいこい花札 ~TANTRA~』が登場。加えて、ブロッコリーが保有する人気コンテンツ「デ・ジ・キャラット」や「ギャラクシーエンジェル」のキャラクターを使用した麻雀ゲームなど、既存のファンに求心力のあるタイトルが用意される。
 この他には、TVショッピング番組を放映しているプライムと提携し、フラッシュゲーム『マーフィー岡田の実演販売にチャレンジ!』や人気商品「ツイスト&シェイプ」のムービーパズルといった、異色のミニゲームが提供される予定だ。

 また、「ガンホーゲームズ」では、日本ファルコムガストとライセンス契約を締結し、それぞれの人気タイトルのキャラクターがアバター、およびアバターアイテムが登場することはお伝えしているが、今回ゲームアーツの人気RPG『グランディア』のキャラクターがアバター・アイテム化されることが発表された。『グランディア』のアバターは今秋よりサービス開始予定で、“ジャスティン”、“スー”と“イープ”、“フィーナ”がキャラクター例としてあげられている。
 正式サービス開始時には『ラグナロクオンライン』の新作アバター15アイテム、『エミル・クロニクル・オンライン』の新作アバター13種類を含む、全247アイテムが一挙に実装。さらに、『ラグナロクオンラインスロット』や『CR エミル・クロニクル・オンライン』といったカジュアルゲームをプレイして特定の条件を満たした場合、他では手に入らない限定アバターがプレゼントされるとのことだ。

 ついに明日8月3日に正式サービススタートとなる「ガンホーゲームズ」。ガンホーが提供するオンラインゲームをプレイしている人はもちろん、新たなオンラインエンターテインメントサービスを体験してみたいという人は、ぜひ利用してみよう。

明日より正式サービスが開始される「ガンホーゲームズ」のイメージキャラクター“ガンホーモンキーズ”。
ガンホーゲームズ-3

ガンホーゲームズ-4
ガンホーのオンラインゲームをモチーフにしたパチスロとパチンコ。コインなどを貯めると、限定アバターアイテムと交換できる。
ガンホーゲームズ-6

ガンホーゲームズ-7
カンファレンスでは、今後提供されるコンテンツとして3Dアバターのイメージムービーが公開。その完成度の高さに、ガンホー・モードに協力してカジュアルゲームを制作しているゲームクリエイター・遠藤雅伸氏も驚いていた様子。
ガンホーゲームズ-8

ガンホーゲームズ-9
会場ではTVで人気のエアギター奏者・金剛地武志氏によるデモンストレーションも。森下氏、宮路氏にエアギターの基本を1から教授していた。
ガンホーゲームズ-10


オンライン遊園地という新たな形式のサイトを目指す「ガンホーゲームズ」。カンファレンスに出席した面々をはじめ、多くの企業やクリエイターが制作に携わっている。

(C)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(C)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
(C)2006 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc.,/HEADLOCK Inc.,
(C)GungHo Mode,Inc. All Rights Reserved.
(C)G-mode Co.,Ltd. All Rights Reserved.

■関連サイト
「ガンホーゲームズ」公式サイト
ガンホー・モード


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。