News

2006年8月21日(月)

声優陣、制作スタッフなど豪華メンバーで贈る『サモンナイト4』のスペシャルイベント!

 8月20日、幕張メッセで開催されたキャラクター&ホビー商品の展示イベント「C3×HOBBY キャラホビ2006」のバンプレストブースにおいて、11月30日発売予定のPS2用ソフト『サモンナイト4』のステージイベントが行われた。

 ステージイベントには、“グラッド”役の高橋広樹氏、“ミント”役の高野直子さん、『サモンナイト4』のプロデューサーを務める石川肇氏、シリーズの音楽プロデューサーを務める藤田千章氏、『サモンナイト4』でオープニング曲「NEVERLAND」のボーカルを担当している松澤由美さん、『サモンナイト3』でエンディング曲「Lovelite」のボーカルを担当した松本英子さんという豪華なメンバーが出演。前半は高橋氏、高野さん、石川氏によって『サモンナイト4』の魅力、後半は藤田氏、松澤さん、松本さんによりシリーズの音楽について、それぞれトークが展開された。

 『サモンナイト4』の魅力が紹介されたイベントの前半では、まず高橋氏と高野さんが『サモンナイト4』のシナリオを担当している都月狩氏からのメッセージを紹介。都月氏によれば本シリーズにおける発想の原点のひとつに“トレーディングカードゲーム”があったそうで、「好きなカードを組み合わせるように、いろいろな世界のキャラクターや召喚獣が入り乱れ、活躍したら楽しいかもしれない……、それが“リィンバウム”という世界になりました」とのことだ。

 続いて、プロデューサーの石川氏が加わり、『サモンナイト4』の最新プロモーションムービーやゲーム画像を参考にしながら、登場キャラクター、新たなシステムといった本作の特徴について語られた。石川氏は、人気イラストレーターの飯塚武史氏が手がけたキャラクターデザインについて、本作では子どもと大人の対比をテーマに、それぞれの特徴がうまく表現されていると話し、これまでのタイトルとは一味違う、その魅力をアピール。さらに石川氏は、新たなキャラクターとして、ストイックでミステリアスな女性“アロエリ”が登場することも明らかにした。
 『サモンナイト4』の新要素に関しては、新たに搭載される「料理システム」や戦闘システムなどが挙げられた。「料理システム」では、作った料理を召喚獣に食べさせることでレベルを上げることができるとのこと。加えて、召喚獣の設定に関して自由度が高くなっていることも本作の特徴だという。
 一方戦闘システムでは、バトル中にマップが変化したり、さまざまなボーナスを入手することができる「トレジャースロット」の出現など、いろいろな仕掛けを搭載。これまでのシステムをさらに進化させ、やり込み度がアップしているとのことだ。

 高橋氏と高野さんは、それぞれの役柄について「ヒマな駐在軍人(笑)」、「ほわんとした優しいお姉さん(高野さん)」とその印象を話す。2人はすでに『サモンナイト4』の冒頭部分をプレイさせてもらったそうで、「セリフがコミカルでテンポがいい。子どもたちが元気で、大人たちが優しく導く感じでした(高橋氏)」、「“ミント”のセリフが表情ととてもあっていて、感動しました(高野さん)」と感想を話していた。

 ここで、オープニングテーマソングを唄う松澤さんがステージに登場。松澤さんは本作においてオープニングテーマソングに加え、声優にもチャレンジしており、アフレコの模様を収めた映像が公開された。
 松澤さんが本作で演じるのは、とあるキャラと行動を共にしている子どもの役。声優初挑戦ということで。声優初挑戦ということで、石川氏と打ち合わせをしている段階から非常に緊張していたそうだが、「歌もそうですが、声優も素直に演じることが大事だと思いました」と感想を語っていた。石川氏も「準備が間にあうか心配していましたが、本番はすばらしかった」と絶賛していただけに、シリーズのファンは彼女の演技にも注目しておきたい。

 そして後半は、松澤さんに加えて、『サモンナイト3』のエンディング曲を唄う松本さん、『サモンナイト』シリーズの音楽を手がけている藤田氏の3人をゲストに迎え、シリーズでも重要な位置を占める音楽についてのトークが展開。藤田氏は「ゲームの音楽を担当するのは、このシリーズが初めてで、最初は手探り状態。最近は少しは慣れてきたんですが、毎回新しい要素がありますね。『サモンナイト』は、テーマやキャラクターを大切に育ててきているシリーズなので、ゲームのテーマとリンクさせることで音楽も意味を持つのだと思います」と話す。
 また、藤田氏が手がけるテーマソングのボーカルを担当した松本さん、松澤さんは「歌詞が哲学的で、音の振り幅も広いので、毎回チャレンジ精神で唄っています(松本さん)」、「私もチャレンジですね。今回は、テーマソングを唄うにあたってワクワクしました(松澤さん)」と各曲に対する思いを語る。『サモンナイト』シリーズのテーマソングは難しいと語った2人だが、そのコメントにに対して藤田氏が「ゲームのストーリー性とあわせて曲も展開しているので、どうしても音域が広くなってしまうんです」と苦笑いする場面も見られた。
 最後に藤田氏は、『サモンナイト4』の音楽について「今まで以上にすばらしい出来映えになったと自負しています。シリーズ最高の仕上がりを見せているので、楽しみにしていてください」と自信満々にコメント。音楽のすばらしさも本シリーズの魅力であるだけに、ファンの期待も高まるところだ。

 トークショーのみならず、松本さん、松澤さんによるミニライブ、高橋氏と高野さんの生アフレコなど、ファンサービスたっぷりの内容となった本イベント。この模様は、スペシャル映像を追加し、インターネット放送「GyaO」で配信される予定となっている。配信期間といった詳細は後日公式サイトでアナウンスされるとのことなので、ファンはこまめにサイトをチェックしておこう。
『サモンナイト4』01
「キャラホビ2006」の会場で行われた『サモンナイト4』のステージイベント。駆けつけたファンの中には女性も多く、最新作への期待の高さが伺えた。
『サモンナイト4』02
イベント前半部分では、高橋氏、高野さん、石川氏が『サモンナイト4』の魅力についてトークを展開。シリーズおなじみの夜会話やミニゲームの紹介を行った。(左から、高橋氏、高野さん、石川氏)
『サモンナイト4』03
本作で声優に初挑戦した松澤さんが加わってのトーク。緊張した面持ちで挑んだアフレコ時の奮闘ぶりもスクリーンに映し出されると、松澤さんからは「打ち合わせでは怒られているみたいでした(苦笑)」と、その緊迫した現場を振り返るコメントも飛び出した。
『サモンナイト4』04
後半は、シリーズの音楽に携わった松澤さん、藤田氏、松本さんの3人によるトークショーが展開。(左から、松澤さん、藤田氏、松本さん)
『サモンナイト4』05

『サモンナイト4』06
松本さん、松澤さんがテーマソングを生で熱唱。その美しいメロディと歌声に、訪れたファンらはしっとりと聴き入っていた。


データ

▼『サモンナイト4』
■メーカー:バンプレスト
■対応機種:PS2
■ジャンル:S・RPG
■発売日:2006年11月30日
■価格:7,140円(税込)

■関連サイト
『サモンナイト』シリーズ公式サイト
「バンプレストスーパーホットウェブ」
バンプレスト


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。