News

2006年9月23日(土)

SOE、日本でPS3『アントールドレジェンドダークキングダム』の発売を明らかに!

 米国ではPSPと同時に発売され好評を博した『Untold Legends: Brotherhood of the Blade』。日本では『アントールドレジェンド ~ウナタカの勇剣~』というタイトルでコナミデジタルエンタテインメントから発売されたが、本シリーズの最新作『アントールドレジェンド ダークキングダム』が米国PS3の発売にあわせて、日本でもリリースされることが明らかになった。

 ソニー・オンライン・エンタテインメントで開発された本作は、PSP版の見下ろし型の視点を廃止し、3Dモデルを使ったアクションRPGとなっている。前作で一際ユニークだったボタンへのショートカットは今作でも健在。ただし、よりアクション性を高めるため、重量、アイテムへの属性の合成などの概念は排除されている。キャラクターもアルケミスト、ドルイド、ナイト、バーサーカーの4種から自分のキャラクターを選ぶという形式ではなく、GOLAN(ウォーリア)、MALAKESH(メイジ)、ZALA(スカウト)の3種類から選び物語を進める。レベルアップ時のパラメーター増加を自分でコントロールできるシステムはPSP版を踏襲し、成長のさせ方の自由度は残されている。また、PSP版にあった盾はなくなっておリ、防御に関してはガードができるのみとなった。これは、群がる敵を倒す爽快感を重視するための方策とのこと。小攻撃は×、大攻撃は□で、△で持ち上げ、さらにR1を押しながら、○、△、□、×のいずれかのボタンを押すことでマナと呼ばれるマジックポイントを消費して特殊攻撃を出すことができるという、簡単な操作で軽快なアクションが楽しめるようになっていた。

 PS3でのリリースということもあり、グラフィックは大幅に強化されている。特筆すべきはマント、水などの“たなびく”、“たゆたう”あるいは“流れる”表現。PS3のセルをそれ用にひとつ使ったというだけあって、非常に表情豊かに描かれている。このほか、物理法則に基づいたグラフィックもとても美しい。ちなみにサウンドは7.1chで出力される。

 対戦プレイに関しては、オフラインでは2名、オンラインにつなげれば4人までの対戦が可能。日本でのリリース時期は現在のところ未定となっているが、日本でのパブリッシャーが見つかり次第リリースする意向のようだ。
『アントールドレジェンド ダークキングダム』01

『アントールドレジェンド ダークキングダム』02

『アントールドレジェンド ダークキングダム』03
プレイヤーは、ウォーリア(左)、メイジ(中央)、スカウト(右)の3種類のキャラクターから1人を選択。
『アントールドレジェンド ダークキングダム』04

『アントールドレジェンド ダークキングダム』05

『アントールドレジェンド ダークキングダム』06
本作のシニアディレクターを務めるクリス・クレイマー氏がゲームの概要を説明してくれた。

(C)2006 Sony Online Entertainment LLC. SOE and the SOE logo are registered trademarks and Untold Legends and Dark Kingdom are trademarks of Sony Online Entertainment LLC in the United States and/or other countries. "PlayStation" and the "PS" Family logo are registered trademarks of Sony Computer Entertainment Inc. The ratings icon is a registered trademark of the Entertainment Software Association. All other trademarks are properties of their respective owners. All rights reserved.
This title is not yet concept approved by Sony Computer Entertainment Inc.

■関連サイト
北米版『アントールドレジェンド ダークキングダム』公式サイト(英文サイト)
Sony Online Entertainment(英語のサイト)


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。