News

2006年9月24日(日)

「6軸検出システム」による視点操作を搭載!?『リッジレーサー7』ステージ

 バンダイナムコブースの特設ステージにて行われたPS3用ソフト『リッジレーサー7』のプレゼンテーションイベントでは、本作のプロデューサー・寺本秀雄氏によりゲームの紹介が行われた。

 寺本氏は、PS3の実機を使用したデモプレイを交えつつ、『リッジレーサー7』の特徴を紹介。本作は次世代ハードであるPS3向けのソフトということで、「これまでのハードでは表現できなかった空気の質感や湿度の違いを感じて欲しい」と、パワーアップした部分をアピール。加えて、コースの細かいディテールとして、コース中には「文字が書き込まれた壁の張り紙」や「トゲトゲまで再現された鉄条網」、「水中の虫を食べるフラミンゴ」など、さまざまなオブジェが用意されていることも強調した。
 また、本作にはPS3のコントローラに搭載されている「6軸検出システム」を活用して、視点の変更が可能となることも明らかに。このシステムを使うことで、コントローラを傾けた方向に画面の移動が移動するという、新たな操作が楽しめる。

 プレゼンテーションの終了後には、来場者から希望者を募り、寺本氏のタイムに挑戦するという『リッジレーサー7』のタイムアタック大会も実施。見事寺本氏の記録を上回った参加者には、開発チームから“主役マシン”と呼ばれている「KAMATA RC410」がデザインされた卓上時計がプレゼントされた。

 イベントの最後に寺本氏は、「現在チームのみんなもがんばって、11月11日の発売を目指して開発を進めています。『リッジレーサー7』では通信対戦の機能も搭載されてるので、ぜひプレイしてみてください」とコメント。シリーズのファンは、発売を楽しみに待っていよう。





プロデューサーの寺本氏のデモプレイを交えて行われた、『リッジレーサー7』のプレゼンテーション。会場では詳細は明らかにされなかったが、シリーズで人気のダンスミュージック風のBGMも、本作には多数収録されているという。





コース中には、張り紙やフラミンゴ、ゾウなどさまざまなオブジェが存在。動物たちは、それぞれ生活感のある動きをするなど、非常に細かいところまで作りこまれている。

(C)2006 NBGI

データ

▼『リッジレーサー7』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:RCG
■発売日:2006年11月11日
■価格:未定

■関連サイト
バンダイナムコゲームスチャンネル
バンダイナムコゲームス


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。