News

2007年1月18日(木)

2007年も「猪突猛進」! 2006年カウントダウンライブで、奥井雅美さん熱唱

 2006年12月31日、東京・渋谷O-EASTで、奥井雅美さんのカウントダウンライブ「アニメロPresents 奥井雅美 COUNT DOWN LIVE 2006-2007 「猪突猛進“ウリ坊、ぱねぇ~”」」が行われた。

 奥井雅美さんは、これまでに数々のアニメソングを手がけてきた人気歌手。2003年にJAM Projectに加入し、2004年には自主レーベル「evolution」を設立するなど、活動の幅を広げている。その奥井さんが初めて行うカウントライブで1曲目に披露されたのは、ファーストアルバム「Gyuu」の収録曲「Bay side love story~from Tokyo~」だった。この曲を選んだ理由は「これはキングレコードに所属していたときに依頼されて書いたキャラクターソングなんだけど、お蔵入りになっちゃった曲で。今日みたいな日じゃないと歌えないんで(笑)」とのこと。この曲をはじめ、今回のライブでは「キューティーハニー」や「今日もどこかでデビルマン」など、普段のライブではあまり歌われることのないナンバーが次々と歌われ、観客は驚きながらも歓声で応えていた。

 ステージも中盤を過ぎたところで歌はいったん休憩となり、2006年の奥井さんの活動を振り返るというコーナーへ。「Animelo Summer Live 2006 -OUTRIDE-」や上海ツアーなどの写真が次々とスクリーンに映し出されると、「いろいろやってるなー」と奥井さんも感慨深げな様子。そして時刻が0時に近付いたところで、会場全員でカウントダウンしながら年越し! 新年最初のプレゼントとして抽選会が行われ、栗林みな実さんと美郷あきさんもステージに飛び入り参加。抽選会の賞品は奥井さんのライブの年間フリーパスという豪華なもので、客席から大きなどよめきが起こるシーンも。

 カウントダウンと抽選会が終わり、いよいよステージ後半戦がスタート。1月26日に発売予定の新曲「Remote Viewing」が披露された後、「アルバムのツアーだとアルバムの曲がメインになってしまうので、こういう機会にはアニメの曲もね」ということで、ラストは「恋しましょねばりましょ」、「女神になりたい」、「そうだ、ぜったい」とアニメファンにはなじみの深い3曲を立て続けに歌い上げ、会場を熱狂の渦に包みこむ。

 そして、今回のライブにはアンコールは予定されていなかったのだが、急きょアンコールが行われることになるといううれしいハプニングが! 同日、初の単独ライブを終えたばかりの近江知永さんをステージに迎えて、「キューティーハニー」、「そうだ、ぜったい」を熱唱し、新年最初のライブを締めくくった。







この日に備えて、ニンニク注射を打ってきたという奥井さん。最初から最後まで、パワフルなパフォーマンスで観客を魅了!

カウントダウン前に披露された「Shuffle」。観客がタオルを振りかざし、会場中が一体となる。

アンコールでは近江知永さん(写真右)もステージ上に呼び込まれ、会場と一緒にラストの2曲を歌い上げた。



奥井さんがプロデュースを手がける近江さんは、奥井さんのステージの前に、初の単独ライブを開催。「歌い続けてきてよかった」と感無量の様子だった。


■関連サイト
奥井雅美 Official Website -makusonia-


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。