News

2007年10月19日(金)

【今週の1本番外編】アニメは動くからおもしろい!「茄子スーツケースの渡り鳥」

 こんにちは。村田(仮)です。いつもは新作ゲームソフトを紹介していく「電撃オンライン ファーストインプレッション」ですが、今回は趣向を変えて10月24日発売予定のOVA「茄子 スーツケースの渡り鳥」について書いていきたいと思います。というか、村田(仮)が書きたくてしょうがないから、勝手に書いているだけなんですけどね。

■まずは概要とか

 この作品は、日本アニメとして初めてカンヌ国際映画祭の監督週間に出品された「茄子 アンダルシアの夏」の続編にあたります。「茄子」は、アニメ業界最速のサイクリストとしても知られる高坂希太郎氏が監督を務めたことから、自転車レースのスピード感や躍動感が見事に再現されており、自転車ファンからの人気も非常に高い作品です。今回の物語は、国民的英雄のレーサー“マルコ・ロンダニーニ”の自殺から、レーサーとしての生活に疑問を感じはじめるチーム・パオパオビールの若者“チョッチ”と、そんな彼に対して、自分は「勝つために生きている」と答えるチームメイトの“ペペ”を中心に展開。翌年でチーム・パオパオビールがなくなることが決定する中で「ジャパンカップ」が幕を上げるという、もう後がない状況での男たちの物語が楽しめます。
 ぶっちゃけ前作を見てなくてもわかります。というか村田(仮)も「スーツケースの渡り鳥」を見て「アンダルシアの夏」に興味を持ったクチなので、その辺は大丈夫でしょう。

■「オーラ」っつーかこれは「触手」

 さて、ここからは試写会で村田(仮)が感じた見どころなどを好き勝手に書いていきたいと思います。村田(仮)が「スーツケースの渡り鳥」を見てまず思ったのが、「画面から伝わってくる説得力が異常!」。 作中で“チョッチ”が、敵チームの選手“ザンコーニ”を指して「オーラが違う」と評するのですが、レースではしっかりオーラが見えるんです。“ザンコーニ”から黒い煙のようなオーラが立ち上り、周囲のレーサーを巻き込んでいく……といった感じで、レーサーとしての「格の差」を見せ付けてくれます。勝ち負け以前に、「同じ土俵にも立てない」みたいな。どんな勝負が展開されるのか見逃せないところですよ! ちなみに個人的な話ですが、“ザンコーニ”のオーラがやたらよく動くので、「触手」を見ているような気になりました。

■クロスバイクが欲しくなるのです

 また本作では、レースのシーンがたびたび一人称視点で描かれます。レーサーの視点ですので、どのシーンでも画面の真ん中あたりに道、左右に背景といった感じなのですが。画面の明るさやカメラの動きなどで、シーンごとの心情や雰囲気をきっちり伝えてくれます。濡れた路面を駆け下りるシーンでは「一歩間違えたら死ぬ! というか間違えなくても死ぬ!!」という気分に。逆に晴れ間を疾走するシーンはとても気持ちよさそうで、自分でも走りたくなってきます。もちろんママチャリではなく、ロードレーサー(平地を高速で走る自転車)の方で。ちなみに自転車に詳しい人によると、素人はロードレーサーよりクロスバイク(ロードレーサーとマウンテンバイクの中間みたいものだそうです)がオススメだとか。必須条件だとは思いませんが、見ていて自転車に乗りたくなる自転車アニメというのは、いい作品なのではないでしょうか。

■いいからとりあえず見てください!

 村田(仮)的に大絶賛の本作。1つだけ不安材料を挙げると、“ザンコーニ”のオーラといい、カメラワークといい、静止画で見ると迫力がいまひとつ伝わらないのですが、実際に動いているところを見ると本当にすごいです。アニメとしての欠点ではないのですが、OVAなので興味のある人は雑誌やwebサイトなどで情報を集めることを考えると、見逃してしまう人もいるのではないかと勝手に心配してしまいます。ただ、DVD発売直前の10月20日には、「茄子」シリーズ2作品の上映やトークショーを行うオールナイトイベントが実施されたり、前作「アンダルシアの夏」がレンタルショップにもあったりするので、そういったものを利用して、ぜひ動いているところを一度見てください。というかぶっちゃけ、村田(仮)的には小遣いをはたいて購入するだけの価値がある作品になっていると思いますよ。(村田(仮))
OVA「茄子 スーツケースの渡り鳥」

OVA「茄子 スーツケースの渡り鳥」

OVA「茄子 スーツケースの渡り鳥」

OVA「茄子 スーツケースの渡り鳥」

OVA「茄子 スーツケースの渡り鳥」

OVA「茄子 スーツケースの渡り鳥」

OVA「茄子 スーツケースの渡り鳥」

OVA「茄子 スーツケースの渡り鳥」

OVA「茄子 スーツケースの渡り鳥」

OVA「茄子 スーツケースの渡り鳥」

OVA「茄子 スーツケースの渡り鳥」

OVA「茄子 スーツケースの渡り鳥」

OVA「茄子 スーツケースの渡り鳥」

OVA「茄子 スーツケースの渡り鳥」

OVA「茄子 スーツケースの渡り鳥」

OVA「茄子 スーツケースの渡り鳥」

「茄子 スーツケースの渡り鳥」

OVA「茄子 スーツケースの渡り鳥」

OVA「茄子 スーツケースの渡り鳥」

OVA「茄子 スーツケースの渡り鳥」


熱い自転車レースの世界を描いた「茄子 スーツケースの渡り鳥」。動画でなければどうしても伝わりにくい部分があるので、ぜひぜひ動いているところを見てください! 公式HPでダイジェストが見れます。

(C)2007 黒田硫黄・講談社/「茄子 スーツケースの渡り鳥」製作委員会

データ

■「茄子 スーツケースの渡り鳥」DVD発売記念オールナイトイベント
【開催日】2007年10月20日
【時間】23:30(開場)、24:00(開演)、5:30(終了)
【会場】テアトル新宿
【料金】2,500円(税込)
※チケットぴあにて発売中

■OVA「茄子 スーツケースの渡り鳥」
【スタッフ】(敬称略)
 原作:黒田硫黄(講談社刊「茄子」)
 監督・脚本・キャラクターデザイン:高坂希太郎
 音楽:本多俊之
 アニメーション制作:マッドハウス
 製作:「茄子 スーツケースの渡り鳥」製作委員会

【キャスト】(敬称略)
 “ぺぺ・ベネンヘリ”役:大泉洋
 “ジャン・ルイージ・チョッチ”役:山寺宏一
 “マルコ・ロンダニーニ”役:大塚明夫
 “豊城ひかる”役:坂本真綾
 “ギルモア”役:佐藤祐四
 “豊城充一”役:柴井伶太
 “実況アナウンサー”役:白戸太朗
 “解説者”役:今中大介
ほか

▼「茄子 スーツケースの渡り鳥」
■販売元:バップ
■発売日:2007年10月24日
■価格:コレクターズ・エディション 8,190円(税込)/通常版 5,040円(税込)
※コレクターズエディションには、高坂監督インタビュー、アニメと実写のコース比較ほか収録の映像特典(53分)、CD(BGM集)、オリジナル「チーム・パオパオ・ビール」サイクルキャップが同梱される

■「茄子 スーツケースの渡り鳥」通常版の予約・購入はこちら
Amazon

■「茄子 スーツケースの渡り鳥」コレクターズ・エディションの予約・購入はこちら
Amazon

■関連サイト
「茄子 スーツケースの渡り鳥」公式サイト


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。