News

2007年10月2日(火)

『ひぐらしのなく頃に祭』のリファイン作品が12月20日発売!原作者コメントも公開

 アルケミストは、PS2用ソフト『ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び(以下、カケラ遊び)』の単独起動版とアペンド版を、12月20日にリリースする。価格は、単独起動版が7,329円(税込)、アペンド版が4,179円(税込)。



 『カケラ遊び』は、今年2月に発売されたPS2用ソフト『ひぐらしのなく頃に祭』を大幅にリファインしたもの。ユーザーの意見や要望などが取り入れられており、より「ひぐらし」ワールドを深く楽しめるようになっている。

 本作には、単独起動版とアペンド版が用意されており、単独起動版は『ひぐらしのなく頃に祭』本編ディスクを持っていなくても単体で起動することが可能。一方のアペンド版は、起動時に本編ディスクが必要となる。追加要素については、どちらも同じ内容となっている。

 気になる『カケラ遊び』の内容だが、新規TIPS、TIPSの音声、クリア後の「お疲れさま会」などの他に、主人公“前原圭一(CV:保志総一朗氏)”のゲーム前半および中盤の音声が追加されるという。また、「オープニングムービー」や「澪尽しムービー」のリファインや、ゲームシステムの変更なども行われる予定だ。
 ゲーム内容の詳細は、『ひぐらしのなく頃に祭』公式サイト内『カケラ遊び』ページをチェックしてほしい。

 なお、『ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び』が発売されることについて、原作者の竜騎士07氏からコメントをいただいたので、以下に紹介する。

■竜騎士07氏コメント
 こんにちは、竜騎士07です。おかげ様で、PS2版『ひぐらしのなく頃に祭』は、とてもたくさんの方々にご好評をいただくことができました。
これもすべて、日頃から応援してくださる皆さんのおかげです。本当にありがとうございます。
 そんな皆さんへの感謝の気持ちを込めて、このたび『ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び』が発表されることになりました。PS2版をプレイしてくださった皆さんからの、「ああしてほしい」、「こうしてほしい」、「ぜひアレを!」という想いをみんな叶えてくれる、そんなものになると期待しています。
 また、もっとも要望の多かった、“鷹野三四”の過去を描いたエピソードも追加されます。“鷹野”もまた、『ひぐらし』の世界を構築する上で欠かすことのできないキャラクター。その素顔が描き出されることで、より多角的にこの世界をお楽しみいただけるものと思います。どうかご期待いただければ幸いです!



















原作のPC版に収録されている「祭囃し(まつりばやし)編」の一部を引用したシナリオをTIPSとして追加。また、既存TIPSのいくつかは完全新規のものに差し替えられるとのこと。






シナリオクリア後に出現する「お疲れさま会」では、登場キャラクターたちがシナリオを振り返りながら、やりたい放題のハチャメチャな推理を展開!?


(C)竜騎士07・07th Expansion/Frontier Works・Alchemist

データ

▼『ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び』単独起動版/アペンド版
■メーカー:アルケミスト
■対応機種:PS2
■ジャンル:AVG
■発売日:2007年12月20日
■価格:単独起動版 7,329円(税込)/アペンド版 4,179円(税込)

■『ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び(単独起動版)』の予約・購入はこちら
Amazon

■『ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び(アペンド版)』の予約・購入はこちら
Amazon

■関連サイト
『ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び』紹介ページ
『ひぐらしのなく頃に祭』公式サイト
アルケミスト


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。