News

2007年10月27日(土)

勇者は生態系を荒らす暴れん坊!?PSP『勇者のくせになまいきだ。』が12月6日に発売

 SCEは、PSP用S・RPG『勇者のくせになまいきだ。』を12月6日に発売する。価格は3,980円(税込)。



 『勇者のくせになまいきだ。』は、「魔物は悪者、勇者はいい人」という既存のRPGへのアンチテーゼを提唱した、2Dドットグラフィックのダンジョン・マネージメントゲーム。本作において「勇者」は、「突然やってきては勝手な理由で魔物に暴力を振るうひどい人間」で、倒すべき存在だ。プレイヤーは、魔王に崇められる破壊神として、襲来する勇者たちからダンジョンを守ることになる。

 本作のゲームモードは、大まかに「トレーニング」、「ストーリー」、「VS」からなる。「トレーニング」は、ダンジョン・マネージメントに役立つ魔物発生プロセスや、勇者の効果的な撃退方法などを訓練できるモード。また「ストーリー」モードでは、攻め入る勇者を次々と撃退していく壮大(?)な物語が楽しめ、「VS」モードでは、自分で勇者パーティーをエディットしたり、友だちにその勇者パーティーを送り込んだりできる。以下に、本作の流れを画像とともに紹介する。

■ダンジョンを掘る
 本作は、地中の土につるはしで穴を掘ることで進行する。穴を掘り進めて行くと、地中の養分や魔分に応じてさまざまな魔物が発生。いかに勇者を撃退するかを考えながら、地下を堀り進めてダンジョンを作成しよう。

▲掘った土は元に戻せない。適当に掘り進めると、あとで取り返しのつかないことになるので、計画的に掘り進めよう。


■生態系の調整がカギに!
 穴を掘って発生する魔物だが、彼らの間には食物連鎖からなる生態系が成り立っている。生まれたばかりの魔物は弱く、周囲の魔物を捕食することによって強くなっていく。魔物は、「誕生」、「摂取」、「繁殖」、「死」というサイクルの中で生きていき、その中でリアルタイムに増減。ダンジョン内の生態系を活性化させるため、時には同じ食物連鎖上にいる魔物を間引くなどの調整を行う必要がある。

▲中には“スケルトン”のように、何も捕食しない魔物も存在。生態系の管理は非常に頭を使うところだ。


■勇者を撃退しよう
 一定時間が経過すると、ダジョンには勇者たちが侵入してくる。勇者たちは最大3人のパーティで襲来。ダンジョン内の魔物たちが勇者を迎え撃つことになるが、魔物を直接操作することはできないので、魔物の生息バランスが勇者撃退の生命線となる。勇者たちを見事撃退できれば、ステージクリアだ!

▲プレイヤーを「破壊神」と崇める皮肉屋の“魔王”。勇者の手からダンジョンを守るよう請願してくるが、“魔王”自身はあまり役に立たない……。ちなみに、“魔王”が“勇者”の手に落ち、地上に連れ去られるとゲームオーバーになるので注意!


(C)Sony Computer Entertainment Inc.

データ

▼『勇者のくせになまいきだ。』
■メーカー:SCE
■対応機種:PSP
■ジャンル:S・RPG
■発売日:12月6日
■価格:3,980円(税込)

■『勇者のくせになまいきだ。』の予約・購入はこちら
Amazon

■関連サイト
『勇者のくせになまいきだ。』公式サイト
「PlayStation.com」


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。