News

2007年11月14日(水)

XboxLIVEが12月5日にアップデート!「Xboxクラシックス」の提供を開始

 マイクロソフトは、2007年12月5日にXbox 360およびXbox LIVEのシステムアップデートを実施する。それにともない「Xboxクラシックス」の提供を開始すると明らかにした。

 「Xbox LIVE」は、Xbox 360のオンラインサービス。2002年11月15日の北米におけるサービス開始から、明日11月15日で5周年を迎えることになる。全世界での会員数は800万人を超え、26の国や地域において、9つの言語でサービスを提供しているという。

 今回、Xbox LIVEの5周年を記念してさまざまなキャンペーンが実施される。まず、11月15日17:01~17日16:59の期間中、Xbox LIVE アーケードにて800マイクロソフトポイントで配信している『Carcassonne(カルカソンヌ)』を無料で配信する。また、日本でサービスがスタートした2003年1月から永続的にXbox LIVEの会員であるユーザーを対象に、500マイクロソフトポイントがもれなく進呈される。

 さらに、12月5日にはXbox LIVEのシステムアップデートも実施。アップデートにともない、Xbox LIVE マーケットプレースに「Xbox クラシックス」のメニューが追加される。また、「保護者による設定」にファミリータイマー機能も実装されるという。
 このうち「Xbox クラシックス」は、Xbox 360でプレイできる初代Xboxの名作タイトルを、HD品質の完全版で、全タイトル一律1,200マイクロソフトポイントにてダウンロード販売するもの。コンテンツのサイズが2GBを超えるものがほとんどであるため、ダウンロードにはハードディスクが必須。ただし、他のコンテンツと同じように、ダウンロードはバックグラウンドでも行えるとのことだ。12月の配信タイトルは下記を参照のこと。
 同社は今後、「Xbox クラシックス」で、マイクロソフトや国内および海外のパブリッシャーのゲームタイトルを順次配信していく予定としている。

Xbox クラシックス
12月5日配信予定タイトル一覧
タイトル名メーカー名
『HALO(ヘイロー)』マイクロソフト
『クリムゾンスカイ :
High Road To Revenge』
マイクロソフト
『魔牙霊(MAGATAMA)』マイクロソフト
『Fable』マイクロソフト
『ぷよぷよフィーバー』セガ


「Xbox クラシックス」の画面。パッケージを見ながらダウンロードしたいソフトを選択できるようだ。





ファミリー タイマーでは、1日ごとまたは1週間ごとで、子どもたちがXbox 360本体を使用可能な時間を制限できる。制限時間が近づくと、ゲーム画面にポップアップでお知らせが表示され、残り時間を示すという。

(C) 2007 Microsoft Corporation. All Rights reserved.

■関連サイト
Xbox.com


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。