News

2007年11月24日(土)

【電撃15年祭】チェックしておきたいグッズや展示物が目白押し!ブースレポートその2

 本日11月24日~25日にかけて開催されている「電撃15年祭」。ブースレポートその2では、各出展社のブースの様子を紹介していく。

■バンダイナムコゲームス
 発売前の新作タイトルがいち早くプレイできたバンダイナムコゲームスブース。会場には、PSP用ソフト『涼宮ハルヒの約束』やDS用ソフト『DUEL LOVE 恋する乙女は勝利の女神』、PS2用ソフト『テイルズ オブ デスティニー ディレクターズカット』、DS用ソフト『テイルズ オブ イノセンス』の試遊台が用意されており、参加者は大いに楽しんでいた様子だった。
バンダイナムコゲームスの新作タイトルが楽しめる試遊コーナー。初日はそれほど混雑することもなく、あまり待たずにゲームを体験できるようだった。


■バンダイ
 バンダイブースには、現在放映中のTVアニメ「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」コーナーが設置。1/100スケールのプラモデルや、その設定画が公開されており、男女を問わず多くの人でにぎわっていた。また、この他にも「月刊ガンダムエース(角川書店刊)」にて連載中の「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」に登場するモビルスーツ「ユニコーンガンダム」のマスターグレードや、TVアニメ「装甲騎兵ボトムズ」、「ケロロ軍曹」などの関連商品が展示されていた。
バンダイブースで多くの人を集めていたのは、やはり「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」。ブースには、新作のプラモデルや1/200サイズの塗装済みキット「ハイコンプリートモデルプログレッシブ」シリーズなど、さまざまな模型が用意されていた。


■機動戦士ガンダムブース
 1/1スケールの「シャア専用ザク」のヘッドと、等身大「ガンダムエクシア」が目印の機動戦士ガンダムブース。メディアワークスの「電撃ホビーマガジン」とサンライズによる共同プロジェクト「Advance of Z ティターンズの旗のもとに」を中心に、「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」や「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」など、さまざまなガンダムシリーズのガレージキットやプラモデルの作例が数多く展示されていた。
キットの作例が中心ということで模型好きの男性が多いかと思いきや、展示された作品の前には、男女を問わず多くの参加者が足を運んでいた。


■KONAMI
 KONAMIブースでは、TVアニメ「天元突破グレンラガン」や「スカイガールズ」関連のフィギュア&グッズが展示・販売されていた。またアクションフィギュア「武装神姫」では、11月29日発売予定の第7弾「ハイスピードトライク型アーク」、「ハイマニューバトライク型イーダ」、「バタフライ型シュメッターリング」の先行販売や、第9弾「カブト型ランサメント(仮)」と「クワガタ型エスパーダ(仮)」のお披露目なども行われた。
KONAMIブースでは、2008年発売予定の「武装神姫」第8弾フィギュアの他、たにめそ氏による第9弾フィギュアも着色済みで展示されていた。


■角川エンタテインメント
 角川エンタテインメントでは、TVアニメ「らき☆すた」や「涼宮ハルヒの憂鬱」などのDVDを販売。購入者には先着で、イベント限定「らき☆すた」クリアカードがプレゼントされていた。またブース内では撮影会も実施されており、“ケロロ”や“ダークケロロ”と一緒に写真を撮ることもできた。
会場には、2008年3月より公開される劇場用アニメ「超劇場版ケロロ軍曹3」に登場する敵キャラクター“ダークケロロ”も登場。


■グッドスマイルカンパニー
 グッドスマイルカンパニーは、「figma」や「ねんどろいど」、「シュラキ」といったフィギュアを中心にブースを展開。人気キャラクター・初音ミクの「ねんどろん」バージョンなど、新作が多数設置されていた。また、ブースにはフィギュアの体験コーナーも設置。「figma 超勇者ハルヒ」や「ねんどろいど」が用意されており、ブースに立ち寄った参加者は、コーナーに置かれたフィギュアに興味津々だった。



データ

■「電撃15年祭」概要
【開催期間】2007年11月24日、25日
【開催時間】各日10:00~17:00(予定)
【開催会場】千葉県・幕張メッセ(9、10、11ホール)
【入場料】無料

電撃15年祭

■関連サイト
「電撃15年祭」
メディアワークス


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。