News

2007年11月28日(水)

『Fate』を生み出した鬼才たちが贈る劇場アニメ「空の境界」が12月1日より封切り!

 12月1日より、全七部作の劇場アニメ「空の境界」の第一章「俯瞰風景」がテアトル新宿にてレイトショー公開される。第ニ章「殺人考察(前)」は12月29日に、第三章「痛覚残留」は2008年1月26日にそれぞれ封切りの予定となっている。


 「空の境界」は、PC用ゲームとして発売され高い人気を博した『Fate/stay night』のシナリオを手がけた奈須きのこ氏が、1998年~2001年にかけて発表した小説を映像化したもの。キャラクター原案は、原作小説のイラストを描いた武内崇氏が担当する。
 「直死の魔眼」と呼ばれる、人だけでなく物にすら「死」を見いだせる能力を身につけた少女“両儀式”がヒロインとなる本作。そんな彼女に加えて、“式”に想いを寄せるごく普通の青年“黒桐幹也”と“幹也”の雇い主にして魔術師でもある“蒼崎橙子”を中心に、魔術や怪異といった不可思議なモノが絡んだ事件が描かれていく。

 アニメーションの制作は、「がくえんゆーとぴあ まなびストレート!」や「フタコイ オルタナティブ」で知られるufotableで、第一章の監督は、今回が初監督作品となるあおきえい氏が担当。また声の出演は、“両儀式”役が坂本真綾さん、“黒桐幹也”役が鈴村健一氏、“蒼崎橙子”役が本田貴子さん、“黒桐鮮花”役が藤村歩さん、“荒耶宗蓮”役が中田譲治さん、“巫条霧絵”役が田中理恵さん、“浅上藤乃”役が能登麻美子さんとなっている。

 以下に、本作の登場人物紹介および映画のスクリーンショットを掲載する。小説を読んでいたという人はもちろんのこと、伝奇作品に目がないという人もぜひチェックしてもらいたい。また11月27日からは、Webラジオ「空の境界 the Garden of listeners」の第0回が こちらで配信されているので、興味のある人は聞いてみてはいかがだろうか?






“両儀式”
本作の主人公で、淡泊な性格をした中性的な美形。ある事故により2年間昏睡状態に陥る。事故の後遺症か、物の「死」を見てしまう眼を持ってしまう。和服を普段着として着こなす変わった一面を持つ。






“黒桐幹也”
“式”の高校時代からの友人で、現在は人形師“蒼崎橙子”の事務所「伽藍の洞」で働いている。なんの異能力も持っていないごく普通の青年だが、「物を探す」ということに関してだけは、突出した才能を見せる。






“蒼崎橙子”
工房「伽藍の堂」のオーナーにして、魔法使いになりそこねた魔術師。メガネを付けたり外したりすることで、意図的に人格を変えられる。ヘビースモーカーで、いつもタバコをくわえている。






“黒桐鮮花”
“幹也”の妹で“橙子”に魔術を教わっている見習い魔術師。兄のことを男性として慕っており、そのために“式”をライバル視している。


























(C)奈須きのこ/講談社・アニプレックス・ノーツ・ufotable

データ

■劇場アニメ「空の境界」
【公開日】2007年12月1日
【スタッフ】(敬称略)
 原作:奈須きのこ「空の境界」(講談社ノベルス)
 監督:あおきえい(第一章)、野中卓也(第二章)、小船井充(第三章)
 キャラクター原案:武内崇
 キャラクターデザイン・作画監督:須藤友徳/高橋タクロヲ/小船井充
 脚本:平松正樹(ufotable)
 音楽:梶浦由記
 美術監督:池信孝・小倉一男
 撮影監督:寺尾優一・松田成志
 3D監督:中村慎太郎
 色彩設計:千葉絵美
 音響監督:岩浪美和
 制作デスク:鈴木龍
 制作プロデューサー:近藤光
 アニメーション制作:ufotable
 配給:アニプレックス
 製作:劇場版「空の境界」製作委員会

【キャスト】(敬称略)
 “両儀式”役:坂本真綾
 “黒桐幹也”役:鈴村健一
 “蒼崎橙子”役:本田貴子
 “黒桐鮮花”役:藤村歩
 “荒耶宗蓮”役:中田譲治
 “巫条霧絵”役:田中理恵
 “浅上藤乃”役:能登麻美子

■関連サイト
劇場アニメ「空の境界」公式サイト
Webラジオ「空の境界 the Garden of listeners」


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。