News

2007年12月10日(月)

【電撃15年祭】「あの電撃大賞」が幕張に戻ってきた!「裏電撃大賞」イベントレポート

 11月25日に、幕張メッセで開催されていた「電撃15年祭」にて、「悔しかったら電撃大賞って名乗ってみろ他の番組! 裏電撃大賞・やっぱり私達は最下層!(以下、裏電撃大賞)」のイベントが開催された。

 ラジオ「電撃大賞」は、1996年に放送を開始して現在も好評を得ているラジオ番組。11月25日に行われた「裏電撃大賞」のイベントでは、声優の田中真弓さん、笠原留美さん、松野太紀さんの3人がパーソナリティを担当した。田中真弓さんと笠原留美さんは「電撃大賞」の初期パーソナリティであり、松野太紀さんはもっとも長く「電撃大賞」のパーソナリティを務めたことでファンの間では有名だ。現在の「電撃大賞」の形を作り上げたと言っても過言ではない3人による「裏電撃大賞」の模様を以下にお届けする。

 まず来場者には、事前に「金玉」の文字が書かれたカラーボール「金玉」が配られていた。そして田中真弓さん、笠原留美さん、松野太紀さんが登場するとともに、3人と来場者が「金玉」を高く掲げて「キ●タマボッキ!」の掛け声をあげ、番組がスタート。オープニングでは、公開録音にて催される3つのコーナー「電撃ソープ オシリアーナ」、「裏電撃大賞 変態標語」、「電撃15年祭記念 電撃リスナーが選ぶベストシーン15」が紹介された。

 最初に行われた「電撃ソープ オシリアーナ」は、約3,200通の応募の中から選ばれたリスナーの悩みにパーソナリティ3人が答えるというもの。送られてきた質問は、「アナルとアナスの違いは分かるようになってきましたが、好きな人のパンツをかぶることの意味がわかりません。これは正常な行為なのでしょうか?」という、いかにも3人がパーソナリティを務めたころの「電撃大賞」らしいものだった。これに対し、田中さん、松野氏は「好きな人のパンツをかぶることは正常」と答え、笠原さんは「おかしいですよ」と反論して意見が割れてしまう。しかし、ここで本日のパーソナリティと来場者を繋ぐアイテム「金玉」が登場し、来場者の意見を加味して結果的に3人の意見が「好きな人のパンツをかぶることは正常」に統一されて問題の決着を見た。

 続いてのコーナー「裏電撃大賞 変態標語」は、過去に番組で発表された「変態和歌」の中から特に優れた2つを選出し、優秀作は実際に「電撃大賞」でオンエアされるというもの。「チンの部」、「マンの部」、「コンギョクの部」で3人が1句ずつ「変態和歌」を詠み上げ、来場者の「金玉」による反応によって優秀作は選ばれた。9句のうち、見事優秀作に選ばれたのは、「マンの部」で松野太紀さんが詠んだ「コンドーム、備えあってもプレイなし」と、「コンギョクの部」で田中真弓さんが詠んだ「チ●チンがそんなに好きなら見せてやる!」の2句であった。この2句は、12月15日放送の「電撃大賞」で詠まれるとのことなので楽しみにしてほしい。

 最後は「電撃15年祭記念 電撃リスナーが選ぶベストシーン15」のコーナーへ。これは、リスナーの投票によって選ばれた「電撃大賞」史の中で起きた重大ニュースを振り返るというもの。このコーナーには、「電撃大賞」の現パーソナリティ森田成一さんも途中出演して4人での公開録音となった。
 他のベストシーンを下し、栄えある1位に選ばれたのは「電撃史上最悪の関西・東海放送回による関東リスナー大激怒」だった。これは、野球延長によって放送が関西・東海のみと決まり、松野氏らが関東地方をけなし、関西・東海地方をよいしょする放送を行った回での話とのこと。この放送によって、関東リスナーから多大なクレームを受け、番組に届いたハガキの数は、「シスター・プリンセス」のサイン入り色紙の応募に次ぐ枚数になるという大騒ぎになったのだという。
 2位以下のベストシーンには、「電撃大賞」らしい下ネタシーンや、出演者同士の珍エピソードなどが選ばれていた。また、6位と10位の発表の際には、元「電撃大賞」パーソナリティの浅野真澄さん、文化放送の代表取締役社長・三木明博氏からのメッセージレターも寄せられた。ラストに15位の「電撃10年祭で松野太紀さんがあまりに派手な衣装でステージに出たため、入場口を破壊した」シーンが紹介されると、番組終了のアナウンスが。
 途中から森田成一さんを迎えた4人は、始まりと同じように「金玉」を高くかかげ、来場者とともに、それをケミカルライトを揺らすように左右に振って、ムーディに幕を閉じた。
『』

『』


王子の姿とバスローブ姿で登場した3人。左から田中真弓さん、松野太紀氏、笠原留美さん。
『』

『』

『』
番組途中からは、「電撃大賞」現パーソナリティである森田成一さんも参加し、収録はさらに盛り上がっていた。
『』

『』
最後は来場者とともに「金玉」を振ってお別れ。4人のリスナーサービスぶりに、来場者は終始喜びの笑みを浮かべていた。


データ

■「電撃15年祭」概要(終了)
【開催期間】2007年11月24日、25日
【開催時間】各日10:00~17:00
【開催会場】千葉県・幕張メッセ(9、10、11ホール)
【入場料】無料
■関連記事
2007年11月24日
【電撃15年祭】「ぱんつ」の準備はいいですかぁー!? ラジオ「電撃大賞」公開録音

■関連サイト
ラジオ「電撃大賞」
文化放送「超!A&G」
メディアワークス


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。