News

2007年12月27日(木)

えっちぃのは嫌いです!?人気ラブコメ「ToLOVEる-とらぶる-」がアニメ化決定!!

 「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中のコミック「To LOVEる-とらぶる-」のTVアニメ化が決定。TBS、MBS、CBC、BS-iの放送局にて、2008年春より放送スタート予定。


 「To LOVEる-とらぶる-」は、人気コミック「BLACK CAT」の矢吹健太朗氏が漫画を、TVアニメ「BLACK CAT」の脚本を手掛けた長谷見沙貴氏が原作を担当するラブコメディ。ごく平凡な高校生“リト”が、銀河を束ねる「デビルーク族」の王女“ララ”と偶然出会い、さまざまなトラブルに巻きこまれていくというストーリーだ。“リト”が密かに想いを寄せる“春菜”や、“リト”抹殺の依頼を受けて地球にやってくる“金色の闇”など、魅力的なヒロインが多数登場する。

 監督は加戸誉夫氏、シリーズ構成は大和屋暁氏、キャラクターデザインを岡勇一氏というTVアニメ「武装錬金」の制作スタッフがそれぞれ担当。アニメーション制作も「武装錬金」のXEBECとなっている。

 以下に、キャラクターの設定画を掲載するので、原作ファンはチェックしてほしい。

本作の主人公“結城リト”(CV:渡辺明乃)。“春菜”に恋心を抱くごく普通の高校生だったが、“ララ”と出会ったことでさまざまなトラブルに巻きこまれることに……。小学生の妹がいる。


“ララ・サタリン・デビルーク”(CV:戸松遥)。天真爛漫な性格のトラブルメーカーだが、デビルーク星の王である父親譲りの高い身体能力を備えており、頭脳も明晰。発明が趣味で、コスチュームロボット“ペケ”も“ララ”が製作した。偶然出会った“リト”に、次第に引かれていく。


“西連寺春菜”(CV:矢作紗友里)は、おしとやかで優しい“リト”憧れの少女。幽霊が大の苦手で、暴走すると手が付けられないという意外な一面も。“リト”に対して好意を抱いており、友だちである“ララ”との関係に揺れることになる。


“ララ”が発明したコスチュームロボット“ペケ”(CV:新井里美)。いろいろな衣装に変身できるのが特徴だが、エネルギーがなくなってしまうと服の形を維持できなくなってしまうという欠点も。衣服になっていない時は人型の形態を取っており、会話も可能だ。


(C)矢吹健太朗・長谷見沙貴/集英社・とらぶる製作委員会

データ

■TVアニメ「To LOVEる-とらぶる-」
【放送開始予定】2008年春
【放送局】TBS、MBS、CBC、BS-i
【スタッフ】(敬称略)
 原作:矢吹健太朗・長谷見沙貴
 監督:加戸誉夫
 シリーズ構成:大和屋暁
 キャラクターデザイン:岡勇一
 プロップデザイン:松村拓哉
 撮影監督:工藤友紀
 美術監督:わたなべけいと
 色彩設定:伴夏代
 音響監督:三間雅文
 制作:XEBEC

【キャスト】(敬称略)
 “結城梨斗”役:渡辺明乃
 “ララ・サタリン・デビルーク”役:戸松遥
 “西連寺春菜”役:矢作紗友里
 “ペケ”役:新井里美
 “ザスティン”役:子安武人
 “結城美柑”役:花澤香菜
 “天条院沙姫”役:川澄綾子
 “古手川唯”役:名塚佳織
 “レン”、“ルン”役:大浦冬華
 “猿山”役:吉野裕行
 “籾岡里紗”役:柚木涼香
 “沢田未央”役:千葉千恵巳
 “九条凛”役:橋本まい
 “藤崎綾”役:水橋かおり
 “校長”役:緒方賢一
 “御門”役:城雅子
 “金色の闇”役:福圓美里
 他

■関連サイト
TBS「To LOVEる-とらぶる-」公式サイト
とらぶるドットコム


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。